診断項目詳細

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第4章 全社一体体制マネジメント成熟度の診断

2)成熟度診断の特徴と実際

1)診断項目詳細

 診断項目は、全社一体体制そのものへの取組みと、3つのカテゴリー(企業活動の結果、マネジメントの仕組みと運用、人の活性化)に分類しており、それぞれの区分に対して複数の設間を用意している。
 診断の区分と項目をみていくことで、全社一体体制でのマネジメントがどのような状態を目指すのかの具体的なイメージが理解しやすくなる。

 全社一体体制レベル診断記入用紙を、巻末に添付したので、ぜひ自社を振り返っていただきたい。


前の記事(Previous)
noimage
診断の活用
次の記事(Next)
noimage
4つのレベルの意味するところ
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP