事業戦略・方針設定をまとめるマネジメント手法

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第3章 全社一体型マネジメントシステムを支えるマネジメント技術

5) 事業戦略・方針設定をまとめるマネジメント手法

 ここでは、4)項の8分類の「①事業戦略・方針設定をまとめるマネジメント手法」が適用される。
 トップの想いを具体化する第一歩は事業戦略づくり業戦略・方針展開のアウトプットとして
・事業のありたい姿(トップの想いを表したもの)
・あるべき姿(トップの想いを具現化した状態)
・売上・利益などの中期事業計画
・中期事業計画を支える体質向上方針
などがあげられる。
 事業戦略・方針展開の推進手法の一つとして『バランススコアカード』がある。
 バランススコアカードとは、1992年のハーバード・ビジネスレビューにキャプラン・ノートンが執筆した記事に始まる。

企業における諸活動の結果として、
・財務の視点
・顧客の視点
・業務プロセスの視点
・学習と成長の視点
……の4つの視点から、戦略を展開する必要性を提唱した。
 4つの視点を戦略マップとして展開するというのが主たる手法であり、戦略マップを展開することで、事業戦略、方針展開を明確にすることができるというのがこの手法の骨子である。
 全社一体型マネジメントでは、この展開手法の考え方を活用し、時代、地域、産業特性、技術水準、問題解決能力、社員の活性度、過去の成功体験の中から最適な方針設定を導くのである。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP