全社一体型マネジメントシステムの構成

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第3章 全社一体型マネジメントシステムを支えるマネジメント技術

1)全社一体型マネジメントシステムの構成

 
全社一体型のマネジメントシステムは、事業革新を進める仕組みと思想、ステップアップの考え方を示したマネジメントの手法である。
事業方針の設定、方針展開や各改善・革新活動をすすめるプロセスでは、各種マネジメント手法を適宜活用する。
その意味で、自社の事業特性や自社の改善推進力に応じたマネジメント手法の選択が重要になってくる。

本章では、全社一体型マネジメントシステムを推進するに必要な各種マネジメント手法を体系的に紹介する。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP