改善事務局の設置、機能

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第2章 全社一体体制のマネジメント

6)改善事務局の設置、機能 

 全社一体体制のマネジメントを行う場合には、このマネジメントの構築支援を行う事務局の設置が必要である。
 経理数値や営業、購買、製造などの計画数値、実績数値については既存の管理システムで把握されているが、それらを加工して望ましい管理システムを構築、活用するために、この仕組みを導入する当初は専門の事務局を設置する必要がある。
 事務局の主な機能は次のような4つである。
 
①マネジメントシステムの構築とその改良
 既存の予算管理システム、原価管理システムや方針管理、目標管理などとの関係を明確にして、自社にあった全社一体体制のマネジメントシステムを構築する。

②整合性のある目標設定・目標展開支援
 企業のトップや経営企画部門と相談して、企業の実情に応じた総合目標を設定することを支援するとともに、総合目標から、各部門目標、個別目標ヘの展開活動を支援する。

③実施のフォローアップ支援
 各部門のマネジャーが行う実施活動についてのフォローアップを行う。施策のプロセス管理や施策の実績管理について必要なサポートを行う。

④教育、表彰制度
 全社一体体制マネジメントについての、教育、啓蒙活動を行うとともに、このマネジメントシステムの定着のために必要な表彰制度などの運用の仕掛け作りを行う。


前の記事(Previous)
noimage
改善サイクル
次の記事(Next)
noimage
自律化のために備えること
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP