改善サイクル

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第2章 全社一体体制のマネジメント

5)改善サイクル 

 全社一体体制のマネジメントで成果を実現するためには、「4)実績管理とツール」で述べたようなきちんとした実績管理が必要になる。
 基本的には、PDCAの管理サイクルをきちんと回していくことが重要である。

(1)計画通りに実施 (PおよびD)
 図表2-18で示したように、予算管理(原価管理)が基本的に月次の管理サイクルであるのに対して、全社一体体制のマネジメントでは週次が基本の管理サイクルとなる。したがって、「3)拠点間、部門間の連携」で説明した実行計画書では、週よりも細かな単位で実行計画を立案しなければならない。
 そして、その実行計画通りに実施が行えるように各部署は管理を行う。

(2)実績集計・解析(C)
 各部門での実施活動では、週ごと(テーマによっては日ごと)に実績を集計し、実施計画との関係を明確にしていかなければならない。そして計画に対して差異が生じた場合には、その差異の発生原因を明確にしていく必要がある。

(3)修正アクション、追加施策(A)
 差異が生じた場合には、個々の施策ごとに差異を挽回する方法を検討し、修正アクションを起こさなければならない。そのとき自部門だけで対応可能なアクションだけでなく、必要に応じて、関連他部門に働きかけて、遅れを挽回する方策を講じなければならない。また既存の施策だけでは当初の目標達成が困難な場合には、追加施策を立案し目標必達に努める。


前の記事(Previous)
noimage
実績管理とツール
次の記事(Next)
noimage
改善事務局の設置、機能
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP