会社の全機能が一致して商品やサービスの競争力向上に取り組む姿を実現したい

全社一体体制のものづくり改善マネジメント
-ものづくりグローバル標準マネジメントシステムの構築-
第1章 全社一体体制での改善活動の目指す姿

 2)会社の全機能が一致して商品やサービスの競争力向上に取り組む姿を実現したい

 総合目標としては、商品・サービスの競争力に焦点があたっていることが重要である。企業の各部門はそれぞれの機能を担当している。
 基礎技術開発の部門は10年先を見据えているかもしれない。お客さまのすぐ近くにいる物流や販売あるいは製造部門は今日の結果が中心である。2年先、3年先を見据えて取り組んでいる部門もある。
 機能が異なるだけでなく、実際に見据えている時間軸も各部門で異なるが、いずれの部門も自社が提供する商品やサービスの競争力向上に努力している。
 全機能が一致して取り組む姿を実現するためには、共通の想いが必要であり、その際の目標には、商品競争力の向上が良い。
 事業計画の実現を目指した業績目標も、中・長期に備えた体質(状態)目標も市場での商品(サービス)競争力に焦点をあてたものである。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP