「生産」タグの記事一覧

日 時2019年2月15日(金) 14:50~16:30

満 席

GOOD FACTORY賞

コマツ
生産技術開発センタ 所長
山中 伸好

コマツ流つながる工場
~見える化から改善へ~

コマツの生産技術開発センタは海外拠点を含めた全社・全事業所の生産技術の開発機能を担っています。コマツの「つながる化」の活動は、大阪工場と生産技術開発センタが協働し、その仕組みであるKOM-MICS(Komatsu Manufacturing Innovation Cloud System)を導入、および活用し、科学的アプローチによりプロセス革新を自工場から協力会社まで広範囲にわたり展開しています。GOOD FACTORY賞を受賞した同社のつながる工場づくりの取組みは必見です。

日 時2019年2月15日(金) 10:00~11:40
GOOD FACTORY賞

オークマ
取締役副社長
家城 淳

オークマが考えるスマート工場のこれから
~ものづくりにおけるイノベーションとカイゼンのこれから~

工作機械メーカーであるオークマは、内需が好調であったリーマンショック前には生産能力拡大を狙った生産体制の見直し、リーマンショック後は、集中生産体制による稼働率向上、生産効率向上を行ってきました。その後、IoTを活用したスマートファクトリー構築と、大規模なプロジェクトにてその時々の事業環境に応じた生産革新を行い、更なる生産性向上を実現しています。GOOD FACTORY賞を受賞したオークマの取組みを通してこれからの工場のあるべき姿をご紹介します。

日 時2019年2月15日(金) 14:50~16:30

ソニーコーポレートサービス
総務センター 東京・厚木サイト総務部 担当部長
松本 博史

熊本地震からの教訓
~その一瞬の為の備え~

大震災からの復旧を進める中で、ソニー熊本工場の皆様は震災の状況を映像に残されました。本講演では、特別にその映像をお見せいただいてからお話は始まる予定です。
「当時は1日100件くらいの方針を決定した日もある」と話す松本様。
得られたご経験を今こそ振り返り、「総務のあるべき姿」についてお話いただきます。

日 時2019年2月15日(金) 12:50~14:30

サイベックコーポレーション
代表取締役社長
平林 巧造

社員は家族、夢実現に向けたサイベックの挑戦

長野県塩尻市にある超精密部品の金型開発及びプレス加工を手掛けるサイベックコーポレーション。2013年に経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」、日経ものづくり「強い工場アワード」等、数多くの賞を受賞している。
サイベックの強さは、高い独自の技術と社風にある。強さの秘訣を社長に講演いただきます。

日 時2019年2月15日(金) 14:50~16:30

キユーピー
生産本部 未来技術 担当部長
荻野 武

講演者インタビュー »

キユーピーにおける、現場力×AIによるイノベーション

ものづくりにおいてもAI・Big dataの導入と活用の重要性が高まる中、キユーピーでは原料検査をはじめ、AI活用の取組みが拡大している。「AI事業推進者のイノベーションマインド」、「現場との擦り合わせによる活用」など、AI導入・推進に携わる方々は是非ご聴講ください。

日 時2019年2月15日(金) 12:50~14:30

三井化学
生産技術高度化推進室 企画GL
江崎 宣雄

化学プラントにおけるAI・ビッグデータ活用の取組み

外部環境がめまぐるしく変化する中、三井化学ではAI活用を加速させ、高度な次世代生産技術の確立を目指している。「AI技術を巨大プラントへどのように導入・活用したか」、「三井化学が考える、今後の課題・展望とは」。ご期待ください。

日 時2019年2月15日(金) 10:00~11:40

富士通テレコムネットワークス
執行役員
寺内 秀明

ヒューマンセントリック スマートものづくり

富士通テレコムネットワークスは、富士通の小山工場でネットワーク機器・装置・システムを製造する製造子会社です。小山工場は、2015年から富士通テレコムネットワークスを中心に仮想工場と実工場を連携させ全体最適な生産を実行する「スマートものづくり」の活動を進めています。年間2500品種にも及ぶ変種変量生産へ対応したスマートものづくりは必見です。

日 時2019年2月15日(金) 10:00~11:40

コマツ
専務執行役員 CTO
岩本 祐一

コマツのオープンインイノベーションの取組み

建機業界世界2位、KOMTRAXを始めとしたサービスで自らイノベーションを起こしてきた企業の一つがコマツです。講演者のコマツ岩本氏はCTOとして社長の右腕となり将来の技術を見る役割を担っています。KOMTRAXを始めとした具体的な事例を通してコマツのイノベーションを取組みや考え方についてご紹介いただきます。

日 時2019年2月15日(金) 14:50~16:30

オリンパス
製造部門 ソリューション技術本部 本部長
面田 学

オリンパス 製品開発を支えるものづくり支援の取り組み

生産技術部門のメンバーを製品開発部門に送り込み、8年前から開発の効率化に取り組んできたオリンパス。事業部を超えた取組みでは、どのようなマネジメントを行ってきたのでしょうか。
その取組みは、一朝一夕に出来ることではありません。具体的な取組み、苦労について講演いただきます。
生産技術部門、開発部門、開発効率に携わる方にお奨めです。

日 時2019年2月15日(金) 12:50~14:30

満 席

デンソー
生産革新企画部 部長
北野 晶之

原点回帰:デンソーのモノづくり革新と核心

世界市場へ自動車部品を提供しているデンソー。「デンソーの原点回帰とは?」「これからのモノづくりの核心とは?」
生産戦略を担当されている方にお奨めのセッションです。

日 時2019年2月15日(金) 10:00~11:40

残席わずか

トヨタ自動車
グローバル生産推進センター 主査
高橋 智和

講演者インタビュー »

技能の伝承、人づくりが生産ライン運営と進化の基本

「トヨタの原理原則とは?」「今なぜ技能伝承を重要視しているのか?」トヨタも日々、試行錯誤を繰り返しており、その取組みをお話しいただきます。この講演会では、参加者と共有し、ディスカッションの場となることを期待されています。是非、積極的にご参加ください。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~17:00

日産自動車九州
製造部 車体課 工長
山下 崇

AIに負けるな!新時代の監督者を目指して!
~未来を切り拓く新しいリーダーシップのカタチ~

2018年「第14回 第一線監督者の集い:福岡」(開催1日目)最優秀事例賞 受賞企業。生産現場の労務管理においてもAI・Big dataなどの活用が進む中で、監督者に求められる組織づくり、「人」のマネジメントとは。「人と人とのコミュニケーション」の今の課題を見つめなおし、監督者の役割を追及・実践した最優秀事例を是非ご聴講ください。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~17:00

トヨタ自動車九州
部品部 成形課・工長
篠原 晴久

小集団活動を通じた職場力の向上
~思いを一つに一体感のある職場を目指して~

2018年「第14回 第一線監督者の集い:福岡」(開催2日目)最優秀事例賞 受賞企業。労働者人口の減少、雇用形態の多様化など人材流動性が一層高まる中、チームメンバーの定着率や技量をどのように高めていくか。職場全体の再構築・組織強化を実現した数々のマネジメント施策は、必見です。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~17:00

トヨタ自動車東日本
岩手工場 車体部第2ボデー課 組長
塚本 正人

目指せ!!強いチームより、強い家族!!
~職場を変えた3つの「わ」と魔法の言葉~

「第4回 第一線監督者の集い:仙台」最優秀事例賞 受賞企業。「チームメンバーは、家族である。」上司・部下のコミュニケーションや信頼関係が改めて問われる現代において、マネージャーが取るべきコミュニケーションと組織づくりのお手本となるような講演です。3つの「わ」とは。ご期待ください。

日 時2019年2月14日(木) 12:50~14:30

残席わずか

青森オリンパス
製造部製造ET2グループ処置具21チーム チームリーダー
福士 美紀子

子育て世代が働きやすい職場づくり!
~新任女性リーダーが切り開く家庭と仕事の両立への道~

名古屋・福岡・仙台・バンコク・上海の各拠点で毎年開催されている「第一線監督者の集い」。第一線監督者の集いで最優秀事例賞を受賞した事例がものづくり総合大会に一堂に会します。各地の最優秀事例賞受賞者が集まるこの機会をお見逃しなく。

日 時2019年2月14日(木) 12:50~14:30

残席わずか

ダイハツ工業
本社(池田)・京都工場 京都製造部 組立課 係長
中川 智雄

時代の流れに逆らって、職場を変えた男
~笑顔の力で、崖っぷち職場からの再生~

名古屋・福岡・仙台・バンコク・上海の各拠点で毎年開催されている「第一線監督者の集い」。第一線監督者の集いで最優秀事例賞を受賞した事例がものづくり総合大会に一堂に会します。各地の最優秀事例賞受賞者が集まるこの機会をお見逃しなく。

日 時2019年2月14日(木) 10:00~11:40

大金空調(上海)
製造部 担当部長
顾 建文

ライン能力向上により連操勤務回避に成功!

「GMCA(GENBA Management Conference & Award)2018 ~in 上海~」 最優秀事例賞 受賞企業。製造現場で労務管理のムダ・ムリ・ムラをなくし、生産目標達成を実現する方法とは。ダイキン工業が中国の生産ラインで実現している「徹底的な生産工程の分析、仮説検証、改善実行」プロセスは必見です。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~17:30

電通Bチーム

電通 ビジネスD&A局 鳥巣 智行

電通 第5CRプランニング局 大山 徹

ものづくり人材のための新しい改善・アイデア発想ワークショップ
≪参加者交流型≫

日 時2019年2月14日(木) 12:50~14:30

駿河精機
ステージ事業部 事業部長
深沢 直仁

駿河精機が挑戦するスマート工場実現への取組み
SURUGA Cyber Physical Systems

精密位置決めステージ、コントローラ、光センサーユニット等の開発・生産・販売を手掛ける駿河精機株式会社。30万種類の品ぞろえ、1台からの発注可能。デジタル化とAIを駆使し、スマート工場を実現した「駿河精機版CPS(Cyber Physical Systems)」の全容をご講演頂きます。Industries4.0コンセプト実現に向けた取組み、スマート工場導入への経緯やポイントなどは必見です。

日 時2019年2月14日(木) 10:00~11:40

三菱電機
執行役員 FAシステム事業本部 副事業本部長
高橋 俊哉

スマート製造 ~IoTを活用したものづくり~

生産性・品質・安全性・環境性向上など、ものづくりを強化するIoT・AI活用事例をご紹介頂きます。国際競争力強化のために、生産現場におけるデータ・ノウハウをどのように活用していくべきか。IoT・AI活用の幅広い視点や将来像など、三菱電機が考えるIoT×ものづくりの未来を是非ご聴講ください。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~16:30

満 席

ダイキン工業
空調生産本部堺製造 役員待遇 部長
澤 静治

ダイキンの次世代生産モデルの確立を目指した取組み

空調機器のマザー工場と位置付けられている堺工場。25年ぶりの新工場における最新のIT技術・IoT導入に立ち会った澤様からお話をいただきます。
設備の導入に関わる方だけでなく、AIやIoT・IT技術を使いこなせる「次世代人材」の育成に携わる幹部の方へおすすめのセッションです。

日 時2019年2月14日(木) 12:50~14:30
GOOD FACTORY賞

東レ/Penfibre Sdn. Berhad フィルム部門 取締役 フィルム副部門長 河田 輝久

東レのフィルム生産基盤強化の取組み
~マレーシア子会社での現場力強化事例を中心に~

生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を表彰する「GOOD FACTORY賞」。今年度「ファクトリーマネジメント賞」部門を受賞したPenfibre Sdn. Berhadは、東レグループにおけるPETフィルムのグローバル生産拠点および、汎用量産品工場としての役割を担っています。市場の変化に対応して高付加価値製品への転換を進める中で、同時に品質・技術・モチベーションの向上も実現した取り組みについてお話をいただきます。

日 時2019年2月14日(木) 10:00~11:40

日産自動車
車両生産技術本部 アライアンスグローバルダイレクター
和田 民世

モノづくりのグローバル化、多様化とアライアンスでのモノづくり戦略

アライアンスで生産体制強化を進める日産自動車。異なる文化と融合しながら最大の効果を生み出すことを目指している。
「アライアンスのモノづくり戦略とは?」アライアンス、グローバルで柔軟性をもった生産拠点最大活用の実現に向けた取り組みを講演いただきます。

日 時2019年2月14日(木) 14:50~16:30

残席わずか

ジェネシスホールディングス
代表取締役 社長
藤岡 淳一

深センのハードウェアサプライチェーン&エコシステム
~超速進化に置いて行かれる日本~

近年、深センが中国のシリコンバレーとも言われ注目を集めています。ジェネシスホールディングスは、深センで電子機器の企画・開発・製造を手掛けています。最近では「JapanTaxi」とともに開発した「決済機付きタブレット」がタクシーに配備されており、実はジェネシスホールディングスの製品に触れている方も多いです。深センのエコシステムに入り込んで活動するジェネシスホールディングス社長 藤岡氏より、エコシステムの特徴や関わり方などを自身のご経験も踏まえながらご紹介いただきます。

日 時2019年2月14日(木) 10:00~11:40

Toyota Motor Thailand
Assistant Manager
Chanchai Wongkaso

※同時通訳あり

Humanresources development and create happiness workplace To drive production efficiency sustainable achievement
~ゲートウェイ工場プレス課の企業競争力向上のための人づくり~

「GMCA(GENBA Management Conference & Award)2018 ~in Thailand~」最優秀事例賞 受賞企業。アジアの重要な生産拠点として日本企業も数多く進出しているタイでは、近年、コストや需要の変動など新たな課題を抱えている。Toyota Motor Thailandでは、外部環境の変化により柔軟に対応し、競争力を高めるための組織づくり・人づくり改善に取り組んでいる。アジア生産拠点における現地労働者マネジメントの最優秀事例をお見逃しなく。

日 時2019年2月15日(金) 12:50~14:30
k2
GOOD FACTORY賞
k2

NECプラットフォームズ
生産本部 掛川生産統括部 統括部長
土屋 大

お客様に選ばれ続ける工場を目指して
~ホームゲートウェイ事業における困りごと解決~

掛川事業所はホームゲートウェイの企画・開発・生産・販売・回収を実践しています。その販売・供給形態は、量販店・ネット販売、通信事業者へのOEM供給、通信事業者へのレンタルという3種類を展開しています。特にホームゲートウェイのレンタル供給は国内唯一の形態で、同社最大の特徴となっています。特徴的なビジネスモデルと連動しながら工場機能を高めた活動は、これからの生産機能のあり方を学べる絶好の機会です。

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP