MENU
開催概要 プログラム 講演企業一覧 企画委員 インタビュー 無料プレゼント よくある質問

「AI/IoT」タグの記事一覧

日 時2020年2月19日(水) 12:50~14:30

ボッシュ
シャシーシステムコントロール事業部
アクティブセーフティー部門 AS製造部統括
シニア・ゼネラル・マネージャー 兼 栃木工場長

佐野 博文 氏

ボッシュWW製造ネットワークにおける栃木工場でのモノづくりの実践

ボッシュ栃木工場は、IoTで世界各国の生産工場と提携・競争しながら高性能の製品を生産し多くの自動車製造工場に製品を供給しています。ボッシュは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。
栃木工場は海外工場からも視察が派遣されるほど、工場改革の取組みが注目されています。
「工場改革は何から行ったのか、大切にしているものは何か」「世界の工場がタイムリーに状況把握できるボッシュ流のIoTの実践(Industry4.0アプローチ)とは?」本講演では、その取組みについて工場長の佐野氏に語っていただきます。

日 時2020年2月19日(水) 14:50~16:30

山形カシオ
時計統轄部 統轄部長
木村 真一 氏

山形カシオにおける技術、工程、品位に妥協無くこだわる
高品質を支えるものづくりの取組み

山形カシオはカシオグループの生産の核拠点です。めざましいデジタル製品の進化・変化するニーズに対応するため、山形カシオでは企画開発・商品設計から完成品まで一貫支援することで大幅なリードタイムの短縮を実現しています。本講演では、山形カシオが高い支持を得続けるカシオ製品を作り出す仕組みや最先端の取組みについて木村氏にお話いただきます。

日 時2020年2月20日(木) 10:00~11:40

マレリ(旧カルソニックカンセイ)
サーマルソリューション事業本部
サーマルソリューション生産技術センター
グローバルダイレクター

猪貝 和伸 氏

技術開発で良品100%を狙った、設備開発

2019年5月に「カルソニックカンセイ」と「マニエッティ・マレリ」が統合し、世界共通のブランドとして「マレリ(MARELLI)」を採用。世界規模で効果的に事業展開を進めるための重要な一歩を踏み出しました。「カルソニックカンセイ」が誇る、品質やプロセスを重視する実行力、「マニエッティ・マレリ」の新製品・技術を創出する力を組み合わせ、成長を加速させています。本講演では「マレリ」のモノづくりや設備開発について、猪貝氏にご講演いただきます。

日 時2020年2月20日(木) 14:50~16:30

残席わずか

トヨタ自動車
IT先行開発部 生技デジタルプロセス推進室 室長
藤原 輝嘉 氏

トヨタ自動車におけるxRの活用状況と課題

100年に1度の大変革期と言われる中、顧客の期待を上回るようなモビリティ開発に取り組むトヨタ自動車。競合に先んじるための達成手段としてxR技術を取り入れ、効率的な開発、生産現場の改善と推進しています。本講演では、「xRとは?」「活用状況や課題は?」などについて藤原氏に語っていただきます。

日 時2020年2月18日(火) 15:30~17:10

東芝
執行役常務 最高デジタル責任者
島田 太郎 氏

東芝のデジタル戦略 CPSテクノロジー企業への道

東芝が目指す「サイバー・フィジカル・システム(CPS)テクノロジー企業」とは何か?
東芝は、2018年11月に発表した全社変革に向けた5ヵ年計画「東芝Nextプラン」の中で「世界有数のサイバー・フィジカル・システム(CPS)テクノロジー企業を目指す」ことを明確に打ち出しています。最高デジタル責任者としてデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)により、このCPSテクノロジー企業への変革を指揮する執行役常務 最高デジタル責任者 島田氏に取組みをお話しいただきます。

日 時2020年2月18日(火) 13:30~15:10

残席わずか

旭化成
常務執行役員 マーケティング&イノベーション本部長
田村 敏 氏

マーケティング&イノベーション

2019年、新しく「マーケティング&イノベーション本部」を新設した旭化成。
多くのコアとなる技術を保持する同社が、今後どのように既存事業との連携のもと新事業創出を試みようとしているのか。また、企業にとって永遠の課題であるマーケティングという領域に対しどのような挑戦をしようとしているのか。初代本部長に就任された、常務執行役員 マーケティング&イノベーション本部長 田村 敏 氏にご講演いただきます。

日 時2020年2月18日(火) 10:20~10:40

JMAものづくり貢献賞・受賞記念講話

コマツ
特別顧問
野路 國夫 氏

コマツのイノベーション戦略

今回顕彰させていただくのは、コマツ 特別顧問 野路 國夫氏です。
世界的な建設機械メーカーであるコマツでは、ダントツ商品の開発、導入を通じて、現場を革新し、新しい価値を創造するイノベーションを提供しています。コマツの世界に誇る最先端のICT(情報通信技術)を活用したシステムは、全世界に展開する建機ネットワークで繋いで安全で生産性の高い現場を実現させています。その実現に向けて指揮、実行されてきた野路様にお話しいただきます。

日 時2020年2月18日(火) 10:40~11:00

JMAものづくり貢献賞・受賞記念講話

コニカミノルタ
取締役会議長
松﨑 正年 氏

持続的成長のためのものづくり改革の試み

今回顕彰させていただくのは、コニカミノルタ 取締役会議長 松﨑正年氏です。
ものづくり業界が大きな変革期を迎えている中で、持続的成長に向けて実現された、先駆けた世界5拠点にもわたるビジネスイノベーションセンターの設置や、ジャンルトップ戦略の施策等の経営戦略、強靭なリーダーシップは、業界を超え、全ものづくり企業に対し、大きなヒントを与えうるものであると考えています。これまで松﨑様がどのようなビジョンや、判断軸にて自らご決断をされてこられたのか、リーダーシップ論も併せてお話しいただきます。

日 時2020年2月18日(火) 11:00~12:00

特別講演

TDK
代表取締役社長
石黒 成直 氏

変わらないTDKと変わり続けるTDK

世界有数の電子部品メーカーとして、磁性技術の強みを生かし、高い創造性をもって成長を続けている企業TDK。現在はスマートフォンやドローン向けの電池では世界トップシェアを誇っています。もとは磁性材料を事業化するために設立された大学発ベンチャー企業の先駆けであったTDKは、現在従業員約10万人が活躍し、世界中に工場や研究所を展開するグローバルカンパニーです。今回、躍進中のTDKを社長としてけん引する石黒成直氏にオープニングセッションにてご講演いただきます。

日 時2020年2月18日(火) 13:30~15:10

残席わずか

パナソニック
エグゼクティブアドバイザー
和田 充紀 氏

グローバル化と、IoTによる調達環境の変化に、対応する新しい調達のあり方

家電事業や住宅事業など一般消費者の生活に馴染み深いものから、車載事業やBtoB事業など幅広い事業を手掛ける企業パナソニック。手掛ける品種が多ければ多いほど、調達部門の重要性が問われていきます。長年、調達業務に携わってきた経験と独自の鑑識眼をもって、今後の調達のあり方を和田氏にご講演いただきます。

日 時2020年2月19日(水) 14:50~16:30

NECプラットフォームズ
取締役 執行役員専務
大嶽 充弘 氏

グローバル OneFactory を目指して

NECは、「グローバルOne Factory」の実現に向けて、生産プロセス共通化やITシステム統合を通じて拠点間の容易な生産移管を可能とする体制を構築すると共に、各拠点が有するものづくり技術や生産革新ノウハウなどの相互活用による生産性向上に取り組んでいます。そのお取組みについて、お話しいただきます。

日 時2020年2月19日(水) 12:50~14:30

日立製作所
制御プラットフォーム統括本部 大みか事業所 製造部 部長
門間 隆之 氏

日立製作所大みか事業所 データを活用した生産改革の取組み

日本企業として初、世界経済フォーラム(WEF年次総会:ダボス会議)より世界の先進工場「Lighthouse」に選出されました。

大みか事業所は、OT*1・IT・プロダクトを融合した日立のLumada*2ソリューションの実践工場として、各分野の技術やノウハウを結集させさまざまな課題解決や新たなビジネスの創出に取り組んでおり、これを通じたバリューチェーンの全体最適化や高度化が評価され、今回の選定に至りました。
詳細はこちらから

本講演ではデジタルデータを活用した生産改革について門間氏にお話いただきます。
*1OT:Operational Technology(運用・制御技術)
*2Lumada:お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称

日 時2020年2月19日(水) 10:00~11:40

東京電力パワーグリッド
内部監査室 課長
(前職 東京電力ホールディングス
経営企画ユニット グループ事業管理室
調達管理グループ 能力開発担当課長)

谷口 正洋 氏

調達業務の将来像
~AI、RPA、ことづくり、カテゴリ戦略調達の進化による売上貢献、改めてのトヨタカイゼン、等のインクルージョン~

東京電力ホールディングスは、世界有数のエネルギー消費国である日本の首都圏に、高品質な電気を安定的に届けています。その量は日本全体の電力供給量の約1/3にもなり、また一軒あたりの停電回数・停電時間は世界トップクラスの安定性を誇ります。その高い品質の一旦を担う調達業務について、CPP-A級ホルダーでもある谷口氏にご講演いただきます。

日 時2020年2月20日(木) 12:50~14:30

残席わずか

安川電機
執行役員 技術開発本部長
熊谷 彰 氏

新たな産業自動化革命を実現する安川電機の挑戦

安川電機は、“モータの安川”から“オートメーションの安川”を経て、“メカトロニクスの安川”へ、つねに時代の主力となる事業を支え続けています。メカトロニクス製品にデータ活用を融合させ、持続的な生産性向上を実現する新たなソリューションコンセプトを提唱しています。新たな産業自動化革命を実現する安川電機のお取組みについて、お話しいただきます。

日 時2020年2月20日(木) 14:50~16:30

残席わずか

YKK
執行役員
ファスニング事業本部
ファスナー事業部  製造・技術統括部
生産技術部長

富田 雅人 氏

YKKグループの一貫生産の進化
~マザー機能と生産拠点戦略~

YKKグループは、材料から完成品まで一貫生産しており、且つ、自社開発の工機・型で実施しています。良い意味で生産のノウハウがブラックボックス化されており、他社が模倣不可能となり、グローバルにおいて、圧倒的な競争力を築いています。今回は、YKKグループの一貫生産の進化とマザー機能の役割、生産拠点戦略について、お話しいただきます。

日 時2020年2月20日(木) 10:00~11:40

日本製鉄
業務プロセス改革推進部 部長
中川 義明 氏

日本製鉄がすすめるものづくりへの高度IT適用の取り組み

「技術力」「コスト競争力」「グローバル対応力」を進化させ、 揺るぎない「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」を目指す日本製鉄。サプライチェーンやエンジニアリングチェーンへのAIやIoTを含む高度ITの積極的な導入により、安全・操業への支援や働き方改革などによる安全かつ競争力のある製造現場づくり、予防保全による安定生産、品質向上、インテリジェント化(業務の高度化)を推進することを通して、お客様が必要な高品質な鉄鋼製品を安定的かつタイムリーに提供できるよう取組んでいます。本講演では、中川氏にその取組みについて語っていただきます。

日 時2020年2月20日(木) 12:50~14:30

富士通
ネットワークサービス事業本部
ネットワークインテグレーション事業部
第二ネットワークインテグレーション部
部長

松岡 誠司 氏

IoT時代の工場ネットワーク・セキュリティのあるべき姿

ものづくりの現場では、生産性・品質の向上や作業員の技術継承などを目的としたIoT活用に期待が高まり、導入が進んでいます。その一方、外部からのサイバー攻撃や工場内機器のウイルス感染、障害による生産設備の停止リスクに適切に対処することが求められ、どのように進めたらいいか分からず、工場IoT化に悩む企業も多く見られます。本講演では世界有数のICT企業である富士通の松岡氏より、工場IoT化についての ‘ネットワーク・セキュリティのあるべき姿’ についてお話いただきます。

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
プログラムのお問い合わせ
一般社団法人日本能率協会
ものづくり総合大会事務局
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22

TOP