生産セッションコーディネータインタビューその4|「今の当たり前も疑う」ことと「ありたい姿」とは?

2015ものづくり総合大会の生産セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石田秀夫さんにお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略)

「今の当たり前も疑う」ことと「ありたい姿」とは?

石田秀夫さん

成富
日産自動車さんの講演で他にポイントはありますでしょうか。

石田
開発プロセスの中で、DR(デザインレビュー)というものがあるのですが、よく見る光景として、「これまでに実績ありますから」という理由が通ることがあるのです。

日産自動車さんの講演では「いいものを作るのだったら、過去の実績や当たり前だったことも疑う」事の重要性について触れられており参考になりました。
当たり前を疑えという姿勢は、講演者の森田さんが、推進されていたからという面もあるかもしれません。

設計、技術、材料などが変わっているなかで、DRする際の前提条件が変わっているはずなのです。

そのような条件のなかで、「今の当たり前も疑う」というのは大事なことなのだと思います。

講演の中で、「ありたい姿をずっと追い続ける。」「ありたい姿を、高いところに置いておく事が大事だ。」ということをおっしゃっていました。

やはりそれは必要なことです。
今とギャップが、あるから課題が出てくるわけです。

個人的に良い会社は目標が高い事が多いと思います。
担当者は、大変だと思いますけど、多くの企業に共通している一面だと思います。

成富
ありがとうございます。


2016ものづくり総合大会の石田コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

D生産
生産技術の追求/グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-1
ヤマハ発動機
「PF戦略をベースとした多様性への挑戦」

12:50~14:30

D-2
マツダ
「揮発性有機化合物とCO₂を同時削減する新塗装技術
~世界で最も環境負担の少ない新水性塗装技術『アクアテック塗装』~」

14:50~16:30

D-3
日産自動車
「日産のモノづくりのグローバル化と人財育成」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

D生産
グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-4
YKK
「YKKにおけるマザー機能と海外製品の取り組み」

12:50~14:30

D-5
リコー
「リコーにおけるグローバル生産の対応と今後の展開」

14:50~16:30

D-6
ダイキン工業
「海外拠点での設計・開発の現地化の取り組み」

〜4/10 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP