生産セッションコーディネータインタビューその1|「生産技術力の強化」の2つのポイントとは?

2015ものづくり総合大会の生産セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石田秀夫さんにお話を伺いました。日本能率協会の成富一仁がインタビューします。(以下敬称略)

「生産技術力の強化」の2つのポイントとは?

石田秀夫さん

成富
2015ものづくり総合大会で石田さんにコーディネータいただいた生産分野セッションについて感想などをお聞きしていきたいと思います。
まずは全体を通しての振り返り、感想をいただいてもよろしいでしょうか。

石田
私は「生産分野Eセッション」のコーディネータを担当しました。

生産技術分野セッション2日間のうち、1日目のテーマは、「たゆまぬ生産技術力の強化」でした。

「日本的なものづくりの強み」が、表れているセッションだったと思います。

例えば、安川電機さん、日産自動車さんのご講演では「開発・設計・生産技術を一人で担当する」というお話がありました。

コンカレントエンジニアリングというのは、日本のお家芸だと思うのですが、それが、進化して強化されている内容だったと思います。

「日本にしかできない」ことで、生産技術力を高めているのだと思います。

それから、生産技術力の高さの1つの表れですが、ワイ・ディー・シーさんはものづくりにデータを駆使することについてのご講演でした。
今後、進化・発展するポイントについてのヒントがありました。

「日本が強いところを大事にする」、「データを活用していく」という、進化のポイントが、生産技術分野セッション1日目だったと思います。

成富
2日目のセッションはいかがでしょうか。

石田
生産技術分野セッション2日目のテーマは、「ものづくり力強化とひとづくり」でした。
基本的に人材育成の話が多かったと思います。

東芝さん、富士ゼロックスさんは、生産拠点についての講演で、オリンパスさんは保全についての講演でした。

我々もいろんな企業に伺いますが、人の力が強いところが、やっぱりものづくりも強いと感じることが多いです。

生産技術分野セッション2日目は、ものづくりにとっての人の重要性を表していたセッションだったと思います。

その中で、東芝さん、富士ゼロックスさんは、海外拠点について講演でした。
東芝さんはフィリピンで、富士ゼロックスさんは中国の深センですね。
海外でも、「人の力の強さの重要性」はあてはまる一般則なのだというのが、わかったセッションだったと思います。

成富
ありがとうございます。


2016ものづくり総合大会の石田コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

D生産
生産技術の追求/グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-1
ヤマハ発動機
「PF戦略をベースとした多様性への挑戦」

12:50~14:30

D-2
マツダ
「揮発性有機化合物とCO₂を同時削減する新塗装技術
~世界で最も環境負担の少ない新水性塗装技術『アクアテック塗装』~」

14:50~16:30

D-3
日産自動車
「日産のモノづくりのグローバル化と人財育成」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

D生産
グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-4
YKK
「YKKにおけるマザー機能と海外製品の取り組み」

12:50~14:30

D-5
リコー
「リコーにおけるグローバル生産の対応と今後の展開」

14:50~16:30

D-6
ダイキン工業
「海外拠点での設計・開発の現地化の取り組み」

〜1/10 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP