K-3:コマツ

2019ものづくり総合大会
事例セッション
K-3 2019年2月15日(金) 14:50~16:30
(敬称略)

コマツ
生産技術開発センタ 所長
山中 伸好

【略 歴】

1983年4月
株式会社小松製作所入社
ロボット事業部でコントローラ開発を担当
1999年
生産技術開発センタに異動
溶接接合Gで溶接自動化、大電流溶接、KOM-MICSを担当
2016年
副所長
2018年
所長

コマツ流つながる工場~見える化から改善へ~

  1. 工場設備の見える化から生産性改善
  2. 設備や製品品質の異常をAIで検出
  3. 建設機械も見える化して生産性改善

社内工場の工作機械や溶接ロボットのデータを収集して解析するKOM-MICSというシステムを2014年から導入して、稼働状況を見える化した後、加工時間の短縮やムダな停止の削減で生産性を改善する機能を織り込み、協力企業に展開している。今後、蓄積したデータから設備や製品品質の異常をAIで検出する予定である。また開発した技術を活用して製品である建設機械の見える化、生産性改善も取り組んでいる。

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP