K-1:オークマ

日 時2019年2月15日(金) 10:00~11:40

(敬称略)

GOOD FACTORY賞

オークマ
取締役副社長
家城 淳

オークマが考えるスマート工場のこれから
~ものづくりにおけるイノベーションとカイゼンのこれから~

  1. サイバーフィジカルシステムによるものづくりの高度化、新たな価値の創造
  2. オークマスマートファクトリー 「熟練と自動化が織りなす未来工場」
  3. 進化し続ける日本のものづくりと今後の展望

ものづくりの現場が大きく変わろうとしている。労働人口の減少が社会問題として拡がる中、これまでの経験に裏づけされたものづくりが問われています。
こうした中で期待され、注目されているものが、サイバーフィジカルシステムを活用した新たなものづくりシステムです。IoTであらゆる事象を測定し、AIで自動的にカイゼンする仕組みを創り出す。その上で、人の活力を喚起し、進化し続けるカイゼンサイクルを促進する。
オークマのスマートファクトリー「熟練と自動化が織りなす未来工場」を例に、次世代のものづくりを展望します。

オークマの技術 Okuma Smart Factory »

【聞きどころ】

工作機械メーカーであるオークマは、内需が好調であったリーマンショック前には生産能力拡大を狙った生産体制の見直し、リーマンショック後は、集中生産体制による稼働率向上、生産効率向上を行ってきました。その後、IoTを活用したスマートファクトリー構築と、大規模なプロジェクトにてその時々の事業環境に応じた生産革新を行い、更なる生産性向上を実現しています。GOOD FACTORY賞を受賞したオークマの取組みを通してこれからの工場のあるべき姿をご紹介します。

【略 歴】

1985年
(株)大隈鐵工所(現オークマ(株))入社
2006年
研究開発部長に就任
2007年
研究開発部長 兼 技術企画室長に就任
2008年
商品開発部長 兼 研究開発部長に就任
2012年
取締役 技術本部長に就任
2015年
常務取締役に就任
2017年
専務取締役に就任
2018年
取締役副社長に就任

京都大学非常勤講師
精密工学会 2018年~2019年会長
工学博士(東北大学)

GOOD FACTORY賞 とは

国内外を問わず各地域で工場の生産性向上、品質向上をはじめ様々な体質革新活動へ取り組まれている事例に着目し、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く方々の意識改革、社会的貢献などの内容を幅広く取り上げ、その成果を日本製造業の範として顕彰させていただくものです。GOOD FACTORY賞とはこれらの表彰制度の総称です。

GOOD FACTORY賞 公式サイト »

コーディネータ

石山 真実

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント

【担当セッション】E1~E3/K1~K3

プロフィール »

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP