H-2:三井化学

2019ものづくり総合大会
事例セッション
H-2 2019年2月15日(金) 12:50~14:30
(敬称略)

三井化学
生産技術高度化推進室 企画GL
江崎 宣雄

【略 歴】

1989年
三井東圧化学(株)(現 三井化学(株))入社
本社、大阪工場、市原工場にてプロセスシステムを活用したプロセス設計、運転支援、生産革新活動に従事
2012年
本社 エンジニアリング部へ異動
2015年
本社 生産・技術企画部へ異動
2017年
本社 生産技術高度化推進室へ異動 現在に至る

化学プラントにおけるAI・ビッグデータ活用の取組み

  1. 次世代工場構築に向けた取組み
  2. AI・ビッグデータ・IoTの活用
  3. 運転・保全の高度化への課題

海外からの安価な汎用製品の流入や少子高齢化に伴う労働力不足により、国内の生産拠点では運転・保全の高度化への要請は高まっている。
三井化学では次世代工場構築を目指して検討したAIを活用した品質予測の事例やビッグデータを活用した設備の異常検知の事例等を紹介する。

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP