2020ものづくり総合大会は会期終了いたしました。
ご参加誠にありがとうございます。

次回、2021ものづくり総合大会の開催概要は現在企画中です。
決定次第、本サイトにて順次ご案内いたします。

D-1:東京電力パワーグリッド

日 時2020年2月19日(水) 10:00~11:40

東京電力パワーグリッド
内部監査室 課長
(前職 東京電力ホールディングス
経営企画ユニット グループ事業管理室
調達管理グループ 能力開発担当課長)

谷口 正洋 氏

調達業務の将来像
~AI、RPA、ことづくり、カテゴリ戦略調達の進化による売上貢献、改めてのトヨタカイゼン、等のインクルージョン~

  1. 現状: 現段階の理想像を可能な限り業務として実施
  2. 将来像: AI、RPA、ことづくり、売上貢献要求等をインクルージョン
  3. 準備: 将来像のための準備

<現状>
コストエンジニアリング、サプライヤマネジメント、要求元マネジメントを軸としたカテゴリ戦略調達を実施。ボリュームゾーンでは、開発購買を実施。さらに調達における戦略業務へのリソースの集中、人材育成のプログラムも実施。このような現状の説明と、開発購買を含めCPPの理想像を実務に反映するためのポイントの説明を予定。

<将来像>
調達が経理や生産管理から独立したのが調達1.0、その後のカテゴリー戦略調達業務全般の導入を調達2.0とすれば、将来像は、調達3.0となるだろう。AI、RPA、改めてのトヨタカイゼン、そして、全社的な付加価値向上や売上貢献要求等のインパクトをインクルージョンして、いかにして実業務に展開するかは、どの調達組織においても課題になっているはず。衛星職場でテストしているRPA等の例や先進事例から類推した将来像を説明予定。

<将来への準備>
今後、調達組織やバイヤーには、さらなる進化が求められると想定されるが、その高みに近づくために、いまから、どのような準備が必要かの説明を予定。

<タイムスケジュール(予定)>
10:00~10:05
コーディネーターによる講演者の紹介
10:05~11:05
講演(60分)
11:05~11:15
休憩
11:15~11:35
質疑応答
11:35~11:40
コーディネーターによるまとめ

【ご聴講いただきたい方】

「他社では、購買・調達部門でどのような施策をしているのか、具体的な実施方法を教えてほしい」
「先進的な取組みについて、直接質問して聴いてみたいが、その機会がない」
「まず何から取組むべきか、わからずに悩んでいる」
という購買・調達担当者の方々

【聞きどころ】

東京電力ホールディングスは、世界有数のエネルギー消費国である日本の首都圏に、高品質な電気を安定的に届けています。その量は日本全体の電力供給量の約1/3にもなり、また一軒あたりの停電回数・停電時間は世界トップクラスの安定性を誇ります。その高い品質の一旦を担う調達業務について、CPP-A級ホルダーでもある谷口氏にご講演いただきます。

【略 歴】

1986年4月
東京電力入社。1990年7月、資材部資材計画課PQ制度新設担当
1992年7月
資材部国際調達担当。1994年7月、経済同友会調査役へ派遣
1996年7月
機械購買課第4チームリーダ。1998年7月、国際部海外コンサル事業拡大企画担当
2000年6月
東電工業(株)事業開発担当次長(エネルギーサービス、リバースエンジ、事業企画・立ち上げ)
2002年6月
資材部調達革新グループマネジャ。2004年6月、テプコ・リー(株)社長(再保険会社)
2007年6月
日本自然エネルギー(株)取締役
2009年7月
テプコ・コールアドバンス(株)企画部長。2011年6月、茨城補償相談センタ所長代理
2014年6月
東京電力ホールディングス(株)経営企画ユニット・調達管理グループ・能力開発担当課長
2018年6月
東京電力パワーグリッド(株)内部監査室課長
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP