C-2:駿河精機

日 時2019年2月14日(木) 12:50~14:30

(敬称略)

駿河精機
ステージ事業部 事業部長
深沢 直仁

駿河精機が挑戦するスマート工場実現への取組み
SURUGA Cyber Physical Systems

  1. スマート工場化に取り組んだ背景ときっかけ
  2. SURUGA Cyber Physical Systemsの概要
  3. 技術開発・導入の経緯と今後の展望について

【聞きどころ】

精密位置決めステージ、コントローラ、光センサーユニット等の開発・生産・販売を手掛ける駿河精機株式会社。30万種類の品ぞろえ、1台からの発注可能。デジタル化とAIを駆使し、スマート工場を実現した「駿河精機版CPS(Cyber Physical Systems)」の全容をご講演頂きます。Industries4.0コンセプト実現に向けた取組み、スマート工場導入への経緯やポイントなどは必見です。

【略 歴】
1996年
駿河精機株式会社 入社 メカエンジニアとして機構部品(ボールねじ、リニアガイド)の生産立上に従事
2002年
技術部機構技術Gに異動 自動直動ステージ「PG」シリーズの開発を担当
2004年
SA事業部技術Gに異動 FA向け(主に半導体関連)の精密位置決めステージの設計・開発に従事
2007年
OST事業部(現部署)に異動 製造、開発、生産技術の責任者を経験し現職に至る
コーディネータ

松田 将寿

Transformation Consulting
CEO

【担当セッション】C1・C2/H1~H3

プロフィール »

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP