これからの生産技術者の役割【第1部】3.
これからの生産技術の役割(4)

4 グローバル化への対応

生産技術におけるグローバル化の定義を「日本発の生産技術・ものづくりを世界に普及させること」とする。日本人のものづくりの特色を表すときに“からくり”が例にもちいられる。昔から“精巧・精密”なものをつくり出す民族だったといわれる。こまやかな感性で、精巧なものづくりを得意とする。

他方、欧米人は、精巧というよりは、“シンプル”な構造、使い方を好む場合が多い。日本から世界をにらんだ生産技術開発をする場合、使い方、標準類、メンテナンスのシンプル化に留意しながら開発を進める必要がある。

また、日本の現場でのものづくりは、図面のミスや技術開発での問題点などを現場が“以心伝心”の、いわば“暗黙知”で解決してきたケースも多い。海外では、前工程の不備を後工程で修正をするモデルはない。この点に留意しながらグローバル対応をすることが不可欠である。

初期の段階では、日本発の生産技術開発を世界に展開することになるが、将来は各拠点(例えば北米・欧州・アジア)で、同様の生産技術拠点が必要になる。開発に当たっては、世界の共通項目と、拠点ごとの地域事情や工場レイアウト、ラインの違いによる要素開発のバランスを考えた生産技術開発が求められる。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP