MENU
開催概要 プログラム 講演企業一覧 企画委員 インタビュー 無料プレゼント 良くある質問 【早期】参加申込
ものづくり 日本の心

これからの日本のものづくりを見据えるために、過去の出来事やその成り立ちに関する情報を提供するコラム。
発想を変えたい時やちょっとした仕事の合間にご覧ください。

224 田島弥平旧宅と高山社跡――養蚕技術改善と生産性向上への試み

2014年6月にユネスコに登録された富岡製糸場と絹産業遺産群には、4つの施設が含まれていた。富岡製糸場と荒船風穴、残りの2つが、旧田島弥平宅と高山社跡である。
生糸は繭から作り出される。いかに良質の繭を効率よく作るかは、絹繊維産業の成否を決める基本的な課題だ。
幕末から明治にかけて、蚕種の育成と養蚕の技術は飛躍的に向上したが、それらの開発に貢献したのが田島弥平と高山長五郎だった。

■4つの遺産は品質・生産性向上の歴史証人
 2014年6月にユネスコの世界文化遺産として登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」には、4つの遺産が含まれている。
これまでご紹介した富岡製糸場と荒船風穴、それに、今回ご紹介する田島弥平旧宅と高山社跡である。
明治期に日本の絹産業は、世界的にも高い評価を得て、輸出の花形産業になり、それによって大量の外貨を獲得してきた。
その基本には、日本の養蚕・製糸業界の高品質化と生大量生産を実現する工夫と努力があったが、その先駆けとなったのが、田島弥平と高山長五郎であり、何よりも自分が開発した養蚕のノウハウを自ら実践し、そして惜しみなく教え、普及に努めた。
この2人の施設も含めて、産業遺産として4つの施設が登録されている。

登録された4つの遺産の関係を図にすると図1のようになる。
(1)荒船風穴は、冷房技術がない時代に、自然の冷却力を発見し活用することで蚕の孵化時期をコントロールすることを可能にし、5月から10月の期間に限定されていた養蚕を、年間を通して可能な事業とする画期的な仕組みを生み出した。
(2)富岡製糸場は、良質な生糸を生産するための器械製糸技術を確立し、さらには、良質な繭を生産するための蚕種の開発・改良と、養蚕農家の支援を行ってきた。
(3)田島弥平は、ヨーロッパに蚕種を販売しながら顕微鏡を購入して蚕の病気の検査と蚕種の改革に取り組み、その結果、画期的な自然通気を重視した屋根上のヤグラを備えた構造と蚕の育成法「清涼育」を考案。
(4)その育成法は、高山長五郎によって受け継がれ、清涼育にヒントを得て温度管理を緻密に行う「清温育」で新しい養蚕法を生みだし、その普及のために高山社を興して、アジアンワイドで研修生を募り、技術の普及につとめた。

この結果、これらの遺跡が、単に日本国内の絹産業遺跡というだけでなく世界的に見ても貴重な絹産業発展の遺跡として国際的にも認められたのである。


田島弥平旧宅

    
高山社跡


荒船風穴


富岡製糸場

梶文彦 写真

梶文彦氏執筆による、コラム「ものづくり 日本の心」です。

梶氏は、長い期間にわたりものづくり企業の国内外でのコンサルティングに携わり、日本製造業を応援しています。

写真撮影:谷口弘幸


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED
プログラムのお問い合わせ・資料請求
一般社団法人日本能率協会
ものづくり総合大会事務局
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-1410(直)
FAX:03-3434-3593
E-mail:seisan@jma.or.jp

TOP