生産の地域分担は過去のこと

ものづくりグローバル標準マネジメントの実践
第2章 グローバルでの、ものづくりの目指す姿
~グローバルものづくりの要点~

1)生産の地域分担は過去のこと

 一般的には、戦後の日本企業の海外展開は、1960年代から新興国への経 済援助という形で始まったとされている。
その後は、日本経済の高度成長に 伴って大きな変化を遂げてきた。  
 1970年代の2度にわたるオイルショック、さらに1985年のプラザ合意を 起点とする大幅な円高の進行は、輸出産業の現地生産を加速させ、輸出産業 の多くはアメリカ、さらにヨーロッパへと工場を進出させてきた。
その後、 1990年代に入ってのバブル崩壊以降は、安い労務費を求めて新興国へ工場 進出がなされた。
当時の、新興国への工場進出の多くは、完成品の組み立て あるいはノックダウンが中心であった。  
 
 2000年代初期のグローバル化は、「欧米は市場対応工場/日本国内は基幹 部品工場/新興国はローコスト工場」とする生産の地域分担が声高に言われ た。
しかしながら、2000年代に入ると新興国の経済成長がさらに加速され、 インフラも整備されてきたことから、組立工場だけでなく部品工場の新興国 へのシフトが盛んに行われた。
2000年代後半には、国際的な金融不安から 新興国への進出に拍車をかけているが、これは新興国が安価な労働力の供給 源としてだけでなく、急激な経済成長を遂げる市場としての存在が大きくな ってきたことによる。
マーケットとして新興国を意識せざるを得ない状況が 生まれてきたのである(図表2-1)。  
 
 グローバルでの「ものづくり」戦略を考えるときには、生産機能の分担と いう要素だけでなく、調達を含めたサプライチェーン、市場、物流などさま ざまな観点から世界各地に展開した工場の役割を、戦略的に検討し実践して いくことが重要である。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP