今後の製造戦略策定について

ものづくりグローバル標準マネジメントの実践 
第3章 製造戦略構築と戦略実践のポイント

2)今後の製造戦略策定について

 以上のように、現在は製造戦略(ものづくり戦略)の策定は、競争上重要 になっている。
そのあり方を受けて、次には、

・競争優位に立つために、ものづくりをどのように構成し、どのような生 産ネットワークを、どの段階で構築するのがよいのか
・来るべき技術革新・製品革新において主導権や競争優位条件を確保する ために何を内部に残し、磨き上げ、投資していくべきか

を個別に検討・策定していくことが必要になる。
戦略は企業ごとに個別になってくるが、参考となる枠組みを以下に紹介する。

(1)製造基本戦略の策定  
 製造戦略を考えるにあたって、従来型から脱皮するには、まず製造戦略のポリシー(位置づけ)を明確にし、さらに、事業競争戦略と関連付けること が必要になる。それらを踏まえて、製造観点でどのように経営に貢献するか基本的な方向を設定する。
ここまでが製造基本戦略の策定であり、極めて戦 略的な要素が高い作業になる。

(2)製造戦略のポリシー(位置づけ)  
 製造戦略の位置づけとは、製造戦略を企業戦略や事業戦略との関係でどう 位置づけるかということである(図表3-3)。
従来のように、製造戦略が企 業戦略や事業戦略の下位にあるとするのか、双方向で影響しあう位置づけに するのかという問題である。  
 同様の議論は、商品開発・技術開発戦略、販売戦略においては行われてい るものの製造戦略ではなされることが少ない。
製造戦略が事業戦略にどう関 係するのかを明示することが重要なのである。


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP