生産セッションコーディネーターインタビューその8|マザー工場を日本におく優位性とは?

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後に行ったインタビューです。

IMG_3395

マザー工場を日本におく優位性とは?

安部
そのお話は、マザー工場の考え方にも通じますか?

石山
通じますね。

日本は開発とものづくりに一体感がありますので、やはりマザー機能は日本にあると優位ではないかと思います。

ただし、海外現地向け製品を生むための開発となると、その市場の近くに開発拠点をおきますよね。
そうなると、やはりキーデバイスのようなコア技術のない製品群を扱う企業はマザー工場は各市場にあるということになると思います。

マザー工場の定義とは?

石山
マザー工場の考え方もいろいろあります。

今回、私が担当したマザー工場をテーマにしたAセッションでは、三菱電機さんはキーデバイス生産によるSCMリーダーを志向されています。

日産自動車さんは水先案内人として技術力の最も高い工場を志向されています。技術力が高いからマザー工場というのではなく、マザーであるからには他の拠点より常にハイレベルにあるための工夫をされ、その独自性にいつも磨きをかけているというスタンスだったと思います。

矢崎総業さんは日本はバリューセンターであり、いわゆるコストセンターやプロフィットセンターではない。とにかく世界最高技術を日本で生み出し、世界で利益をあげるという思想です。

石田
私の担当セッションで感じたのは、海外に進出したり、派遣社員にシフトするとかではなくて、技術や工夫で問題を解決していく道を選んだ企業が伸びている、勝ち残っているということです。

例えば、設備を買ったままの状態で使うのではなく、工夫を凝らして倍のスピードで使う。それは自社製設備をつくるということにも通じる。買ったままの設備を使っていたら、他企業に対して優位性は持てない。
そして、そのための人材は短期では育成できないから真似できないわけです。

〜8/15 page〜


2015ものづくり総合大会で関連する講演は・・・

生産分野Eセッション:「 たゆまぬ生産技術力強化」「ものづくり力強化とひとづくり」

E-1 安川電機 「安川電機におけるロボットを活用した自動化の取り組みと今後の展開」
E-2 日産自動車 「開発から生産準備における一気通貫体制によるものづくりへの挑戦」
E-3 ワイ・ディ・シー 「製造業ならではのデータ活用の考え方と取組み」
E-4 東芝コンピュータテクノロジー「東芝情報機器フィリピン社におけるモノづくりと人財力強化」
E-5 オリンパス 「優秀な設備保全マンの育成と新規の設備開発に生かす取組み」
E-6 富士ゼロックス「富士ゼロックスシンセンにおける人材育成」

開発分野Bセッション :「強みを活かす」「社内連携と企業連携」

B-1 富士フイルム 「富士フィルムの新規事業創出」
B-2 島津製作所  「島津製作所の強みを活かした技術開発による商品展開」
B-3 経済産業省  「製造業の現状と課題」
B-4 日立製作所  「日立が進めるグループ一丸でのモノづくり改革の取組み」
B-5 マツダ    「マツダのクルマ創りと組織・ヒト」
B-6 本田技研工業 「ホンダにおける新機種生産準備プロセスのグローバル連携について」

特別講演では・・・
ダイキン工業「ダイキンのものづくりとグローバル展開」
トヨタ自動車「トヨタの目指すモノづくり・人づくり」
日産自動車 「日産のグローバルモノづくり戦略」


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP