新誠一先生インタビューその11

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり行った、開催前インタビューです。

欲しいモノが見えない時代の商品とは?

IMG_0708_2安部
ちょっと日本国内市場のお話を伺いたいんですけど。


はい。

安部
これだけ日本国内にものが溢れていて、欲しいものがないぐらいの中にまたものを提供しようとして、メーカーはご苦労されているわけです。今まで高度経済成長があって、ものが欲しい、ものが欲しい、物質的に豊かになりたい、そう思い、努力して、豊かになりました。そこに貢献してきたのが、日本のメーカーであるのは間違いないと思います。
いま、日本国内の市場は、どちらかというと、精神的なココロの安定というか、情緒的な豊かさを求める傾向がみられます。

そこに、日本のメーカーが今後どのように貢献していくのか?ものづくりで、ココロの豊かさに貢献するような動きが、でてくるのかなとちょっと期待しているですが、そのあたりはどのようにお考えでしょうか?


まず、私が若いころ、憧れはNYであり、パリだったりしました。欲しいものは海外にあって、それは明白でしたね。欲しいものがなんであるかがはっきりしてて、車が欲しいとか冷蔵庫が欲しいとか、でっかいチキンが、欲しいとか(笑) 明白なんですよ。

それを作ればいいだけの話だった。

ところが、現在は日本が世界で一番豊かな国になっちゃって、そうすると欲しいものがみえないわけですよ。

お手本がないから、何が欲しいかを探しださなきゃいけない。ところが、消費者はないものを欲しがらない。

安部
そうですよね。そう思います。


ないものを欲しがれないわけですよ。だから例えばアップルがやってることは、消費者に対して、これが欲しいんでしょ?って。

消費者は、あっ!これが欲しかったと思うわけです。グーグルも同じです。

ないものをだして、それで、「これが欲しかったんだ!」となる。

何か商品をだして、消費者の反応をみて、それからどちらに進んでいくのかを、決めなきゃならない。
または、消費者も取り込んだ ものづくりをしていかなきゃいけない。

だって、消費者に聞いても、消費者分からないからね!
そこに、つくる側と消費者側のコラボがないと。

安部
ものを、つくる段階から消費者をいれてかないといけない、、、


逆に言えば、消費者の世界から生まれてきたものは強いですよね。
価格ドッドコムとか、一休ドットコムとかです。今までは、商売にならないと思っていたものが、消費者に支持されてどんどん大きな会社になっていく。消費者サイドでデザインして、自分たちが欲しいものを、手に入れられるような世界観です。

消費者が、作ったいいモノの権利を買って、それを大量生産するとかね。

消費者のアイディアを、会社としてどう活かしていくのかが重要です。

一人じゃつくれない、できないこともあるわけですから。

安部
はい。そこに、またITの力がからんでくるわけですね。


そうそう。消費者は、どんな形でも参加させないと満足しなくなる。
そういう意味で、それはすごく大事な視点です。

工場を特別視したらダメなんですよ。

工場は、街に出てこなきゃいけない、そのひとつが3Dプリンターです。


関連する講演は・・・

2015ものづくり総合大会

開発分野Bセッション 「強みを活かす」

2月19日(木)10:00~16:30
富士フイルム
島津製作所
経済産業省

開発分野Bセッション 「社内連携と企業連携」

2月20日(金)10:00~16:30
日立製作所
マツダ
本田技研工業


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP