特別企画セッションコーディネータインタビューその3|ITの進化で日本人の強みは失われるのか?

2016ものづくり総合大会の特別企画セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石山真実さんにお話を伺いました。(以下敬称略)

ITの進化で日本人の強みは失われるのか?

dsc03100

---
石山さんのコメントに、ツールを使って効率化すると、ヒューマンエラーの防止に効果がある一方、人が育ちにくくなるという部分がありました。
ITの進化に合わせ、人材育成のあり方も変化するのでしょうか。
育てるべき人もどんどん変わってくるようにも思えたのですが。

石山
やはり難しい課題だとは思いますね。
どんな人でも、生産ができるという状況が生まれてきました。
そうすると人の能力はどんどん落ちていきます。

そこをどう考えるかが大きな課題となりそうです。

---
大きな課題かもしれないですね。

石山
一生懸命頑張る、嘘をつかない、物事を深く考える、これらは日本人の強みとされてきたことです。

この点の素晴らしさを中国や東南アジアの人たちは高く評価し、メイドインジャパンの製品を買い求めてきました。
これはオムロンもいっていましたが、ITがどんどん進化していけば、嘘つきであろうと物事を浅くしか考えていなくても、誰でも規格通りに生産できるようになります。
そうすると、日本人の強みやメイドインジャパンの高い評価はどこへ行くのだろうと思います。

結果を出すのは作り手の能力の高さではなく、作り方によるものになるわけですからね。
オムロンも日本人の強みを生かさなければいけないとしながらも、答えはまだ難しい課題という感じでした。

---
ありがとうございました。

〜3/6 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP