開発セッションコーディネータインタビューその7|プラットフォーム統合のメリットとは?

2015ものづくり総合大会の開発セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの野元伸一郎さんにお話を伺いました。日本能率協会の安部武一郎がインタビューします。(以下敬称略)

プラットフォーム統合のメリットとは?

野元伸一郎さん

安部
マツダさんの講演について、感想をおうかがいできないでしょうか。

野元
自動車の商品開発を考えるときに、1つキーになるのはプラットフォームという考え方だと思います。

例えば、トヨタ自動車さんの場合、複数の車種をプラットフォーム化して、それを工場単位で生産しやすくするというかたちを取っています。日産自動車さんの場合、トヨタ自動車さんよりもきめ細かいプラットフォームを作って、ルノーと協業化して、規模を出すプラットフォーム戦略を取っていると思います。

しかし、マツダさんの面白いところは、トヨタ自動車さんや日産自動車さんほど規模のメリットがないため、もっと複数の車種をいかにプラットフォーム統合するかというところに着目し、技術や機能を徹底的に磨くところに着目した点だと思います。

さらにデザインも、車種間を超えて、思想が一本通っているというのが、マツダさんのブランド価値向上につながっています。

デザインのもとになるモックアップを持ち、それを見ながら各車種を開発し、思想を一本通すというところは興味深かったと思います。

さらにプラットフォーム統合も実現するためには、最後は人につながっていきます。

エキスパートの人たちは、技術開発にこだわりを持って大規模な企業とは違った、いい技術のつくり出し方をしているのという気がします。

そのような意味で、クリーンディーゼルへのこだわりなども、非常に興味深かったですね。


2016ものづくり総合大会の野元コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

B企画・開発
オープンイノベーションとものづくり
10:00~11:40

B-1
慶應義塾大学大学院
「今おこりつつあるシステム開発方法論の革新
~宇宙機開発を事例とした日本らしいシステム開発方法論~」

12:50~14:30

B-2
ベッコフオートメーション
「オープンイノベーションで新市場創出を目指すインダストリー4.0」

14:50~16:30

B-3
SAPジャパン
「SAPにおけるオープンイノベーションの取り組み」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

B企画・開発
もの・ことづくりへの挑戦
10:00~11:40

B-4
ファナック
「ファナックのモノづくりと次世代ロボット開発への取り組み」

12:50~14:30

B-5
オリンパス
「科学的手法による開発効率向上の取り組み
~『機能』をベースとした目的別手法の提案~」

14:50~16:30

B-6
トヨタ自動車
「トヨタ自動車の環境技術戦略」

〜7/8 page〜


サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP