三菱電機
インタビューその3|ものづくり総合大会に向けて考えたこととは?

2015ものづくり総合大会の参加者 三菱電機株式会社 人材開発センターものづくり教室 教室長 織田昌雄さんにお話を伺いました。日本能率協会の成富一仁がインタビューします。(以下敬称略)

ものづくり総合大会に向けて考えたこととは?

織田昌雄さん

成富
ものづくり総合大会を知ったきっかけはなにでしょうか。

織田
最初のきっかけはJMAの方から教えていただきました。

日本能率協会が主催しているGOODFACTORY賞の受賞講演会時に事務局の方と少し話をしたことがきっかけだったと思います。

この方がわたしの仕事の内容を知って、お声がけしてくださいました。

成富
講師の依頼を受けてためらうとか躊躇することはありませんでしたか。

織田
多少はありました。

講演依頼を頂いた当時、2週間に1度、JMAC石田さんと会って打合せしていました。

JMAC石田さんに相談したところ、「三菱電機さんがやっていることは発表できる内容だから、ぜひ講師をしたらいいですよ」といい、私の背中を押してくれました。

技能競技大会のビデオをJMAC石田さんに見ていただいたことがありますが、「すごい。そこまでやっている会社はない」と言ってもらった事も背中を押してくれました。

そのころ、自分たちのやっていることが本当に価値を持つのかどうか、全く分かっていませんでした。

他の会社の人材育成について何も知らなかったので、他社と比べて遜色のないことをしているのか、他社以上に素晴らしいことをしているのか、全く判断がつかなかったのです。

発表したときも内心、当たり前のことをやっているだけではないかと不安に思っていました。

成富
石田のサポートもあったのですね。

織田
講演では、まず全社の技能競技大会を報告しようと考えておりました。

技能五輪はテレビでもよく見ますよね。

各分野で世界一になるような日本でもそうそうたる会社が登場します。
それに対し、当社は最近、技能五輪に参加していません。

社内の大会はきっちりとやっていましたが、他社と比べてどのくらいのレベルのことなのか、私自身がよくわかっていませんでした。

最終的には石田さんに背中を押して頂いた事が大きいと思います。

また講演前に事務局の方が、「興味深い内容ですね」といってくれたものですから、発表前に「もしかしたら何とかなるのではないか」と思うようになりました。

結局、「ハードウェアものづくりコースの技術者選抜教育」と「全社の技能競技大会の報告」の2本柱での報告となりました。

〜3/6 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP