特別企画セッションコーディネータインタビューその4|島根富士通さんのビジネスモデルの秘訣とは?

2015ものづくり総合大会の生産セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石山真実さんにお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略)

島根富士通さんのビジネスモデルの秘訣とは?

IMG_8968

成富
島根富士通さんの発表はいかがでしたか。

石山
島根富士通さんは、いいなと思った所が、2つありまして、1つ目はCSRみたいな活動を、工場として積極的にやっている所です。
海外の工場だと、CSRは現地の人達と融合するためにやっていたりするのですが、日本の工場では、積極的にやっている会社は、少ないと思います。
でもここはかなり積極的にやっていると思いましたね。

工場見学会や、パソコンの組立教室とか、周辺企業と連携した地域貢献をやったりとか、或いはBCPの体制で、東日本の大震災の他工場との連携対応なども島根で、対応していたりしていますね。
東北の工場で、生産できなかったのを、島根に瞬間に、移動させて、立ち上げられるとか、そういう準備もかなりやっているというのが、特徴だと思います。

もう1つは、ITを活用した品質管理みたいなことも、かなりやっています。
国内生産で、パソコンをやるということは、いってみれば、多品質少量でなければ、国内でやる意味は、ないですよね。
大量だったら中国とかで、やって持ってくればいいですから。
お客さんのいろいろな個別仕様に応えていくので、その仕様間違いが起きやすい。

その仕様間違いというのを、サプライヤーから一貫して、工場内の生産体制までITを使って、異常情報が常に見えるようにして、すぐに対応できる仕組みづくりを、そうとうやっているなと感じましたね。

国内でもビジネスモデルから変えて、お客さんの個別仕様に、高品質で、瞬時に応えられるような、生産体制を作ることが、メイドインジャパンを確立できている1つのベースなのだと思いました。

尚且つBCP対策もされていて、国内の何処かが稼働不能になっても、ちゃんと対応できる体制もできていると思います。

今いったような3社の強みの展開が、あるので、日本でのものづくりというのが、ちゃんと、成立っているのかなと思います。
それぞれ、すぐれた会社といいますか工場だと思いました。


2016ものづくり総合大会の石山コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

A特別企画
次世代ものづくりの方向性
10:00~11:40

A-1
三菱電機
「IT技術活用による次世代生産システムの取り組み」

12:50~14:30

A-2
富士ゼロックス
「技術・開発・生産をデジタル情報でつなぐ
プロセス構築に向けた取り組み」

14:50~16:30

A-3
オムロン
「オムロンのものづくり革新への挑戦
~デジタル技術によるものづくり革新の取り組み~」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

A特別企画
GOOD FACTORY賞 優秀企業事例に学ぶ
10:00~11:40

A-4
コマツ
「電力半減を切り口にしたダントツの生産改革とCSR活動」

12:50~14:30

A-5
日立金属
「会社ビジョン〝To be an Excellent Company”を目指した取り組み」

14:50~16:30

A-6
東芝キヤリア
「IEを基軸とした人財育成」

〜4/7 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP