特別企画セッションコーディネータインタビューその2|東芝さんの生産体制の強みとは何か?

2015ものづくり総合大会の生産セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石山真実さんにお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略)

東芝さんの生産体制の強みとは何か?

IMG_8976

成富
2015ものづくり総合大会の各発表内容について振返りをお願いします。

石山
まず東芝さんは、ものすごくいろんな活動をやっています。
多分普通の会社で、やっている改善活動の10倍ぐらい、いやもっと多い50倍ぐらいやっていると思うのです。

背景には、国内生産で生き残ることを、前提とした時に、コスト面、特に人件費という意味では、非常に苦しいところで、生産体制を作っていると思います。
その中で世界と戦っていかなければならない。

すごい活動項目が、沢山あるのです。
ただその活動項目が、バラバラでない、いってみれば、TPマネジメントみたいな推進、何に向かっていくか、それに対して、一個一個目標のブレイクダウンがあって、その目標を海外の競合と全部ベンチマーキングしていく。
1個1個の個別の目標が、ベンチマーキングされて、最後は総合目標で勝てる。
1個1個の作戦が、勝てるレベルに、落とし込まれているのです。

ここまでやらないと勝てないよね、というのが1つ1つの活動で全部明確になっている。
そしてそれが、全部あわさったら、こういうふうに勝てる、ここまで売上とれるよねという目標のツリー構造展開ができていて、1個1個の個別目標に関しては、競合のベンチマーキングが、できているというところが、やはり非常に優れていると思いました。

特にベンチマーキングは、難しいのですが、設備メーカーさんと協力しながら、競合はどんなレベルのことを、やっているのかを、探っていったりしていると思いました。
競合にダイレクトに確認は、当然できないですから、その周辺から、ベンチマーキングするネタを、探してくる努力も相当やっていますという話がありましたね。

ただ闇雲に、勝つために、やれそうなことを、やるというのではなく、全体を見据えた中で、個別の目標を、ベンチマーキングして、勝つ。
それが、毎年毎年、繰り返されるというのが、ここの強みだと、お話を聞いて思いました。


2016ものづくり総合大会の石山コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

A特別企画
次世代ものづくりの方向性
10:00~11:40

A-1
三菱電機
「IT技術活用による次世代生産システムの取り組み」

12:50~14:30

A-2
富士ゼロックス
「技術・開発・生産をデジタル情報でつなぐ
プロセス構築に向けた取り組み」

14:50~16:30

A-3
オムロン
「オムロンのものづくり革新への挑戦
~デジタル技術によるものづくり革新の取り組み~」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

A特別企画
GOOD FACTORY賞 優秀企業事例に学ぶ
10:00~11:40

A-4
コマツ
「電力半減を切り口にしたダントツの生産改革とCSR活動」

12:50~14:30

A-5
日立金属
「会社ビジョン〝To be an Excellent Company”を目指した取り組み」

14:50~16:30

A-6
東芝キヤリア
「IEを基軸とした人財育成」

〜2/7 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP