「これからの 生産管理部門の役割」の記事一覧

生産管理専門人材の育成

(6)生産管理専門人材の育成  生産管理業務は、IT の発達によって大きく変わろうとしています。 スマートファクトリー構想も現実化している中で、求められる人材要件は、物理的な製品づくりのプロという要素に加えて、オープンな・・・

収益管理――キャッシュフローとスループット会計

5)収益管理――キャッシュフローとスループット会計 ①キャッシュフローとは  キャッシュフローとは、文字通り資金の流れということで、ある期間の活動の結果として、どのくらいキャッシュが増減したのかによって、その間の経営が成・・・

リードタイムの短縮

③リードタイム短縮    ライフサイクルの短縮化が進む中で、リードタイムの短縮化は、生産管理部門のこれからの課題としてますます重要性を増してきます。  生産管理部門の業務として2 つの側面で課題があげられます。 ⅰ)開発・・・

QCDを維持するための業務改善

(4)[生産管理]QCDを維持するための業務改善 ①進度管理は予防活動  生産統制部門が行うのは、進度管理、余力管理、現品管理、資料管理のほかに、自らの業務をブラッシュアップし、進度管理のレベルをさらに一段高いものへと改・・・

フレキシブル生産のポイント

(2)フレキシブル生産のポイント  生産現場では変更に応じて生産した際に、それがフレキシブルな生産だったのかをチェックし、評価できれば、次回の変更時に、生産の優先順位をつける参考にできるでしょう。  フレキシブル生産を収・・・

生産計画づくりのPDCA

2)生産計画づくりのPDCA    いったい、生産計画はどのように評価されているのでしょうか。  近年は、在庫削減が大前提で、生産計画づくり、所要量展開や資材計画にあたって、「在庫極小化」を強く意識した計画がつくられてい・・・

計画づくりの課題と改善策

④計画づくりの課題と改善策  計画変更の頻度を減らすか、変更の影響をできるだけ少なくするために、いかに質の高い生産計画をつくるかということですが、問題は、需要予測の精度と、生産計画は適切につくられているか、計画変更時の対・・・

3 段階の生産計画

② 3 段階の生産計画  生産計画を段階的に設定してゆくのは、市場の変化や計画変更などが生じた場合の影響をバッファで吸収し、納期遅れをおこさないためです。  直近の需要予測や確定受注によって小日程計画が立てられますが、自・・・

[生産計画部門]生産計画の精度を高める

(2)[生産計画部門]生産計画の精度を高める ①生産計画立案の手順と課題  生産管理の最大の問題は、頻繁に計画変更が発生することで、変更頻度を少なくする、変更の影響を小さくする…の2 つが大きな課題です。  需要予測デー・・・

需要予測の方法

①需要予測の方法  需要予測には、統計学を用いた科学的な方法から、アンケート調査、あるいは、グラフ活用法調査などまで以下のようなさまざまな方法があります。 ・「時系列分析」 過去の需要量の変化を捕らえ、それを延長して予測・・・

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP