「ものづくり 日本の心」の記事一覧

049>115メートルの造船台

浦賀橋梁のもう一つの目玉は、1号レンガドックに1年遅れて明治33(1900)年10月に完成した全長380尺(115メートル)のコンクリート造り造船台だ。造船台とは、斜面上のレールを海の中に引き込み、海水を遮蔽するゲートを・・・

048>115年の歴史――浦賀ドックの1号レンガドック

浦賀ドックの広い敷地の中には、長さ150メートルの造船台、148メートルの1号ドライドック、クレーン、ポンプ室、巻き上げ用のウインチ、機関工場などが残されている。 1号ドックは、明治32(1899)年に作られたもので、長・・・

047>浦賀船渠――歴史を物語るレンガづくりドック

以後、浦賀船渠㈱は、住友重機械工業と社名を変えるが、通称、浦賀ドックとして地元に根を下ろして事業を展開してきた。平成15年に工場は閉鎖してしまったが、数々の駆逐艦や帆船の海王丸、2代目日本丸、さらには石油タンカーなど、1・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
7.浦賀ドック――世界でも希少遺産の2つのレンガドック 046>武士と町人が喧嘩――浦賀の二つのドックで

そもそもどうして浦賀に2つのレンガドックが作られたのか、いきさつを見てみよう。 浦賀は東京湾への入口に位置する海洋輸送の要衝である。享保5(1720)年には、江戸湾に出入りする船の積み荷を改めるために浦賀に奉行をおき、船・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
7.浦賀ドック――世界でも希少遺産の2つのレンガドック 045>浦賀はドックの街――世界に5基しかないレンガドック遺産

あまり知られていないが、浦賀には貴重なドックが2つ残されている。一つが浦賀駅前の住友重機械工業のドック、もう一つが浦賀湾口にある川間ドックである。どちらもいまは使われていないが、明治30年頃につくられたもので、 ・オラン・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
6.戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島 044>ポートマーケット

猿島から戻り、三笠桟橋に着いたら、帰りに横須賀の海産物などを買っていこう。お土産をゲットするなら、桟橋の近くにあるポートマーケットがおすすめだ。桟橋を出て左に海沿いに200メートルほど行くと右に大きな建物が見える。「Yo・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
6.戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島 043>要塞の中を散策する

島内散歩のスタートは管理事務所から。すぐ裏に、明治時代につくられた発電所がある。もちろん島内用だ。この横の道を上っていくと、切り通しに出る。右に壁をくりぬいてレンガをはめた兵舎跡や弾薬庫が見える。中もきれいに整備されてい・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
6.戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島 042>整備されて現代によみがえる要塞

猿島は、幕末から第二次大戦前まで、東京湾と首都防衛のための拠点だった。弘化4(1847)年、幕府により江戸湾防衛のための台場が設けられたのが最初だ。長崎に出入りしているオランダから外国の船が日本周辺で様子をうかがっている・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
6.戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島 041>猿島――東京湾に浮かぶ要塞

猿島は、東京湾に浮かぶ最大の自然島である。三笠公園の沖合1.75kmに位置する周囲約1.6kmの小さな無人島だ。現在は全島が猿島公園として横須賀市が管理している。近年は、島内散策や釣りの穴場として人気もあり、発着場周辺に・・・

横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流
6.戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島 040>現存する唯一の戦艦

明治以来、海軍が建造・購入し、就役した艦船のほとんどが残されていない。廃船になった船は解体され、鉄材は再利用されるから残ることはない。帝国海軍が誇る、史上最大の戦艦、大和(263m、69,000トン)や武蔵(263m、6・・・

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2020ものづくり総合大会

TOP