ものづくり 日本の心

これからの日本のものづくりを見据えるために、過去の出来事やその成り立ちに関する情報を提供するコラム。
発想を変えたい時やちょっとした仕事の合間にご覧ください。

「日本のものづくりは、世界の財産である」(62)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜アイデア・美しさを活かす匠の技能〜

図版原稿-5.016
もともと和時計職人と言われていた竹田近江が、からくり一座の興行を行ったのは、1600年代の中頃からです。そんな時代の道具や材料でこんな工夫をやってのけてしまうすごさは、見事というほかありません。

観客のつくられたものに示す強い関心と称賛の声、からくりを生み出す作り手の技術と工夫、どちらが先でどちらが後か、鶏と卵の論争ではありませんが、お互いが相互に刺激し合って、からくり技術のスパイラルを高めてきたのでしょう。

こうしたからくりを完成させる裏には、素材や機構・動きに対する深い追求と考察があります。先代の玉屋庄兵衛さんに伺った折に、アトリエにあるおびただしいノミや彫刻刀の数に驚いたことを覚えています。

「からくりに使う素材は、場所や用途によってカシやヒノキなどさまざま。同じような歯車でも、求める動きでその形が微妙に違います。当然削るカンナもノミも違う。その日の刃の砥ぎ方で、歯車や支点の動きが違う」……そんな話を伺った記憶があります。

若いころは能面作りを志していたという玉屋庄兵衛さんが削る人形のやさしい顔が印象的でした。からくり機構だけでなく、人形の顔にも神経を注ぐ、工芸と呼ばれる日本的なものづくりの奥行のひとつです。

からくりに合わせた最適な素材を選び、素材に合わせた最適な加工を極限まで追求した結果、可能になる動きがあります。他の工芸品でもこの点は同様です。

海外の美術館に行くと、意外なところで日本の美術・工芸品と同時に、和製の道具に出会うことがあります。その多くは、江戸時代の南蛮貿易や明治時代初めに日本にやってきた人たちが収集して持ち帰ったものですが、工芸品としての質の高さが群を抜いているだけでなく、さまざまな道具に見られる工夫とていねいな扱いに驚きます。この道具の工夫と手入れがあって初めて作品があることがよく分かります。その結果作られる緻密さは、現地の細工物をすぐ横で見て実感していることもあって、感動的ですらあります。

それは、アイデアや発想といった芸術的な創造性だけでなく、目を見張るような細工、洗練された色づかいと美しさ、そして何よりも、最後まで手を抜かずに仕上げられたていねいさに感動します。芸術品、アートというよりも、技巧を極めた工芸品という呼び方がふさわしいことを実感します。

梶文彦 写真

梶文彦氏執筆による、コラム「ものづくり 日本の心」です。

梶氏は、長い期間にわたりものづくり企業の国内外でのコンサルティングに携わり、日本製造業を応援しています。

写真撮影:谷口弘幸


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP