ものづくり総合大会 最新情報はこちら

生産セッションコーディネーターインタビューその6|高付加価値のものづくりのポイントは?

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後に行ったインタビューです。

小澤勇夫さん

小澤勇夫さん


高付加価値のものづくりのポイントは?

(安部)
2014ものづくり総合大会のCセッションは、日本で極めて
世界に発信するという付加価値のものづくり」をテーマ
とし、重厚長大や繊維など幅広い業種から講演をお聴き
いただけたと
思います。

技術を研ぎ澄ませる中で、なかなか芽がでない技術も
あったと思うのです。

日本国内で極めるという意味では、技術面だけでなく
精神面のご苦労もあると思うのですが、いかがでしたか?

(石田)
講演企業各社には、「日本で造りこんでいく」という
ぶれない方針があったと思います。
それから、長期視点がポイントですね。

例えば、炭素繊維の造りこみは、工程を考えながら製品
も考える、非常に摺り合わせの必要な分野です。
長期視点と失敗を許容する経営の覚悟が必要だと思います。

また、超大量生産ではないロボットや機械は、一拠点で
開発レベルを上げていき、更にそれをつくりやすくする。
それは日本しかできないという信念を感じました。
知的財産面からも、漏洩に対する配慮もあると思います。

(石山)
市場がある現地でつくって売る形態と、そうでないものの
違いって何なのでしょう?

(石田)
基本的には「日本で造りこんでいく」のは、コア技術の造り
こみだと思います。コア技術は日本で造りこみ、そこから派
生した商品を現地でつくる。

コア技術を要するキーデバイスは今でも国内でつくられており、
コアが薄い会社は、国内生産が少なくなっていく傾向にあります。

モジュラー・インテグラルという製品アーキテクチャーの差も
ありますが、コアづくりをあきらめてしまったらアセンブラに
なってしまいますから。

それから、もうひとつの共通点として製品と工程と工法を同時
に変えています。これは高度な取組みで、日本でないとなかなか
やりにくいと思います。


6/15ページ

2015ものづくり総合大会で「高付加価値のものづくり」に関する講演は・・・
品質分野D 「攻めの品質 高品質を武器に」「攻めの品質 高品質を武器に」
開発分野B :「強みを活かす」「社内連携と企業連携」
生産分野A:「GOOD FACTORY賞“日本の優秀工場”に学ぶ」「海外のものづくりに学ぶ」
生産分野E:「 たゆまぬ生産技術力強化」「ものづくり力強化とひとづくり」


2017ものづくり総合大会 参加申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ