ものづくり総合大会 最新情報はこちら

調達セッションコーディネーターその6|調達におけるリーダーシップの源泉とは?

すごく定性的な言い方をすると、社長が社長になるまでに調達領域のご経験をどれだけお持ちかだと思います。それによって調達への理解が違いますので。自動車系のお会社では、調達のご経験をお持ちの方が社長になっているケースが多いと思います。

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後におこなったインタビューです。

調達におけるリーダーシップの源泉とは?

IMG_3533(安部)
そのリーダシップを発揮しているリーダーの背後にあるもの、思いの源泉って何なのでしょう?ご本人の思いがあり、またトップの後押しなどもあったのでしょうか?

(加賀美)
トップの後押しを期待するというよりは、ご本人が経営の一部として、調達機能を革新していかなければ、という信念があったのだと思います。

その思いを軸に、人や組織を引っ張ってきているの
だと思います。


(安部)
対・社内と、対・社外(サプライヤー)と、いろん
な方向に配慮する、気を配るとう意味では、アンテ
ナを立てる方向が多岐にわたる部署だといえますよ
ね。

(加賀美)
そうですね。


(安部)
一番の説得材料、強さは「利益に直結する」、「こ
の改善がそのまま利益に繫がる」という点でしょう
か。

なぜ今まで社内的な立場が高くなかったのかと
いうことが、不思議なぐらいです。

ヤマハ発動機の井上様ご本人にインタビューさせて
もらった時にも思ったのですが、確かにいま加賀美
さんがおっしゃったように、「我々から、我々が起
点になって改革するのだ!」というようなリーダー
シップを強く感じました。

(加賀美)
すごく定性的な言い方をすると、社長が社長になる
までに調達領域のご経験をどれだけお持ちかだと思
います。

それによって調達への理解が違いますので。

自動車系のお会社では、調達のご経験をお持
ちの方が社長になっているケースが多いと思
います。

他業界では、そこに一つの壁はあると思います。

調達経験してない人からいうと調達部門は何をやっ
ているか、すごくわかりにくいのです。

これが、一つの大きな問題だと思います。

わかりにくいままにしてしまっている調達部門にも
責任はあると思います。

ずっと私はCPP-購買・調達資格に携わってきていま
すけれど、調達は非常に重要な役割と責任を担って
いるにもかかわらず、結果として経営における陰が
薄くなってしまっている。

そこに、少しでも寄与できれば、というのが、私自
身のひとつの思いです。

ただ、標準化が難しいのです。

外部環境がちょっと違うと、以前と似たようなシチ
ュエーションでも、判断の仕方が変わってくること
が多いのです。

数学のようにはいかないのです。

例えば、生産現場の改善は、現場のデータを取り、
「こういうロスがあるよね」と。「こういうときに
は、こういう手法があるよね」と。

比較的セオリーに則って話は進めていけますが、調
達は「情報を集めていくと、こっちがいいかと思う
けども、でもこっちも間違いじゃない」というケー
スバイケースが少なくない。

変数が多くて難しい仕事ですね。

やったことがある人はわかるけど、やったことがな
い人はわかりにくいと思うのです。

それは、やったことない人達からすると「あまり近
づきたくないな」という感じの部分だったりするし、
社長の理解が深まることが、スピーディな改革につ
ながる面はあると思います。

また、例えば開発購買で言えば、従来の調達部門は
比較的文系の人が多かったですよね。

ですから、図面のない段階からの取組みは
結構難しいわけです。

そこで、技術系の人を異動させて欲しいと希望をだ
す。

けれども、調達部長と開発部長は、同格だから綱引
きになってしまいます。

開発だって人材は確保したいですから、裁定をする
人が必要になる。

この人が理解してくれないと先に進まないわけです。


(安部)
それが、経営の調達理解ということですね。

(加賀美)
開発購買って、偉い人の理解があって「こうするのだ
と!」いったらポンと話が進んだりするのですよ。

でもそういう会社は多くないので、みなさん困ってい
る。

だから講演された方達だって、きっと大変な苦労をさ
れて進めていると思います。

(安部)
今でもでしょうか?

(加賀美)
今でも苦労されて進められていると思いますよ。


6/11ページ

2015ものづくり総合大会で関連する講演は・・・
調達分野C: 「サプライチェーンマネジメント」「開発購買/CSR調達」
トヨタ自動車「調達トヨタウェイと、サプライチェーンマネジメント強化の取組み」
花王「花王のおけるサプライチェーン全体最適活動」
ボーイング・ジャパン「ボーイングにおけるサプライチェーンマネジメント」
日本通運株式会社
日本能率協会コンサルティング
オムロン「オムロンにおける原価企画・開発購買の取組み」
NEC「品質を全員で作り込む」

特別講演では・・・
ダイキン工業「ダイキンのものづくりとグローバル展開」
トヨタ自動車「トヨタの目指すモノづくり・人づくり」
日産自動車「日産のグローバルモノづくり戦略」

調達セッションコーディネータの加賀美行彦さんに2015ものづくり総合大会に参加される前に質問をなげかけることができます。
この機会を是非エントリーして、有意義な体験にしてください。
質問フォームはこちらのページにあります。


2017ものづくり総合大会 参加申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ