ものづくり総合大会 最新情報はこちら

セイコーエプソンインタビューその2

2015 ものづくり総合大会(2015年2月18日~20日)にあたり行った、開催前インタビューです。

IMG_6407

赴任の候補者が見つからない!?

(安部)
事業規模の拡大によって、業務が専門化されてきた。
更に生産拠点が海外にシフトして、赴任者が従来より上位の立場に立った時、自分の中に知識や経験の蓄積がない領域が出てきてしまっているということでしょうか?

 

(戸田)
はい、でてきています。
海外赴任の候補者が、なかなか見つかりづらくなっています。
海外拠点オペレーションにも、大きな期待がかかっている中で、確実性を求めると経験者が繰り返し海外赴任する、そんな場面も出てきています。
私は中堅社員のレベルをいかに引き上げるかが、とても大事だと思いますし、大きな課題だと思っています。


海外ローカルが自走するために大事なこととは?


(安部)
“確実性”というお話がでましたが、生産活動の海外シフトによって国内の生産拠点が減り、諸々チャレンジする場が減っている。
そして、海外拠点ではあまり失敗も出来ない環境にある、ということでしょうか?

(戸田)
失敗は、あってもいいと思っています。
ただ問題は、実力のない赴任者は現地人材に認められないということです。

現地人材も力をつけてきていますからね。今の日本と海外の関係で言うと、日本は本社機能として海外をリードしていかなければならないわけです。

もっとも、最終的には現地が自立して自走することが一番いいと思いますが、いま、海外拠点が自走できるかと言うとなかなか難しいので、日本が支援して導いてくことが必要です。実は、海外の現場において、人のマネジメントは日本人ではできません。
文化、風習等の考え方の違いがありますからね。

(安部)
そうですと、海外拠点トップの日本人は、自社のものづくりのやり方を知ってもらうと同時に、マネジメントできる人材を育てて登用する役割があるわけですね。


(戸田)
そうです。
会社のポリシーや方向性は、日本人が現地でしっかり伝えることが大切です。
そして会社としては、ワールドワイドで?がっていなければなりません。
<前のページ 2/5 

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ