ものづくり総合大会 最新情報はこちら

調達セッションコーディネーターインタビューその3

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後におこなったインタビューです。

調達人材に求められるスキルとは?

IMG_3500
(安部)
それから、指標という観点では、調達人材像ですとか、スキルマップに関する質問が多かったですね。「うちの会社の調達マンには何が求められるのだろう?」という課題感ですね。
これも、やはり調達企画での対応になるのでしょうか?

(加賀美)
そうですね、すでに実施しているところはそうだと
思います。


(安部)
やっているところは、少ない?

(加賀美)
まだまだ少ないです。
多少なりともスキル評価をしているケースはあります
が、本来、調達は専門職なので、専門スキルの評価を
しないといけないと思います。


スキル評価は、多くの場合、人事部が主導しているケ
ースが多いのですが、人事部は、調達領域のことは詳
しくわからないのです。『ビジネスマンとは』みたい
なスキルマップになってしまい、バイヤーとして専門
スキルの指標にはならない。

そういう段階で悩んでいるお会社は、少なくないと思
います。

ほんとうに、調達スキルマップを、ちゃんと作ってい
る会社は、やっぱり調達の先進企業だと思いますね。



■購買担当者のための下請法の理解と事例対策セミナー

-消費税率UP対策にも役立つ内部自主検査のチェックポイントと
遵守体制づくり-

購買・調達業務では、自社の行動規範や倫理規定のほか、
各種法令・法規により活動が規制・管理されます。
本セミナーでは、日常の購買・調達業務に最も関連の深い
「下請法」に着目し、下請法の理解を深めると共に、
各種事例を交えて実際の対処方法を習得する、毎回好評の1dayセミナーです。
http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=1813


■購買技術基礎セミナー

-コストを作り込めるプロバイヤーの早期育成ができます-

全社のコストダウンを実現し、利益創出に貢献できるプロバイヤー
が望まれています。本セミナーでは、その第一歩として、
調達経験の浅い方を対象に、調達業務を遂行するうえで必須の調達知識と技術を、
講義と演習を交えながら習得していただけるセミナーです。
http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=476

■海外サプライヤー活用セミナー

海外へのシフト、部品の仕入れにあたり、良きパートナーとしてのサプライヤの開拓、
選定、評価、認定、育成をしていくのにはどう行動したらいいかなどのポイントを
海外調達の経験者が実例とその進め方を公開いたします。
http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=2199


■購買交渉の理論と実践

昨今のグローバル化の伸長により、調達部門の対外交渉はその多くが
海外サプライヤとの交渉に変わってきました。
交渉相手国の政治経済や文化慣習の違いを理解しつつ、対外交渉を成功させるには、
目的に応じた交渉戦略と事前準備が重要です。
本セミナーでは、最初に自己のタイプを認識した上で、基本的な交渉理論を学び、
いくつかの購買交渉の実例を取り上げ、そのケーススタディを通じて、
購買交渉実践力の向上を図る1dayセミナーです。
http://school.jma.or.jp/search/detail.php?seminer_no=2266

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ