ものづくり総合大会 最新情報はこちら

ヤマハ発動機インタビューその7

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり、開催前に行ったインタビューです。

グローバルにフレキシブルとは?

(安部)
プラットフォーム構想のお話については、生産管理のお立場から
もメリットが大きいのではないですか?
IMG_1730
(鈴木)
当然やりやすくなりますよね。

ただ、例えば開発技術者にとっては自分のアイディアで特徴ある設計ができたらとても嬉しいはずです。

「これは私が新しく設計した」と世の中にアピールできたらきっと嬉しいでしょう。

でも、それだと技術者としては優秀だけど、事業としては難しい面もありますよね。

コストとのバランスということです。


(安部)
そうすると、グローバルに調達してグローバルに製品をつくる仕
組みを構築することと、時代にあわせてそのバランスを変化させ
ることを両方しなければなりません。

グローバルに、フレキシブルじゃないといけないということです
よね。大変な課題ですね・・・。

国内のものづくりの人材は?

(鈴木)
当社は、モーターサイクルの生産台数で90%以上を海外で生産し
ています。かつて国内で約70万台を生産していましたが、現在は
約20万台になっています。
現在の国内生産台数比率はわずか3%です。


(安部)
国内の二輪の製造現場では人手が足りていないというお話も伺い
ましたが?

(鈴木)
そうですね、不足しています。


(安部)
生産委託会社に、ものづくりの一定部分をお任せするようなスキ
ームは活用されていないのですか?

(鈴木)
限られた領域ではお願いしていますけどね。

ただ、当社製品のものづくりである以上、こだわりをもってやっ
ています。

当社の組立は、当社のものづくりの極みですから、他
に任せるようなことはしていません。


(安部)
本日はお忙しいところありがとうございました。

 


関連する講演は・・・
コマツのグローバル戦略とモノづくり
インドのトヨタにおける人材育成を基盤とした「労使相互信頼・責任関係」の構築
東レG連携による中国での組織力強化と生産現場力・技術開発力強化
ヤマハ・海外工場運営のための現地人材育成と協業
日産自動車におけるマザー工場の役割について
矢崎総業のグローバル生産拠点マネジメントの考え方
三菱電機FA事業のグローバル化における国内・海外連携
ヤマハ発動機・「モノ創り調達」を推進する製・購・技一体の原価革新体制
日産自動車・日産の生産グローバル化戦略とモノづくり人財育成
関連する資料は・・・
企画委員会ディスカッション(全58ページ・PDF・非売品)

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ