ものづくり総合大会 最新情報はこちら

東芝インタビューその2

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり行った、開催前インタビューです。

工場との距離を縮める理由は?

(安部)
こちらの貴社生産技術センターは、工場とコーポレー
トを繋ぐ役割として、機動的に動かれるのかと思いま
す。これからの青山さんの課題意識についてお聞かせ
いただければと思います。
IMG_2539
(青山)
まずは工場との距離を縮めたいです。当社グループとして、多くの工場とその規模の関係から階層もあるため、もっと工場との距離を縮めたい。

例えば、ある技術者は一生懸命研究開発をやって、開発成果を何とか実用化し、同時に工場のことも理解していく。しかし、その理解は必ずしもマクロにいくつもの工場を理解しているわけでない、というケースも当然あるわけです。

Aという技術を頑張っていたけれど、別にBもCもあるかもしれない。コーポレートや工場群をマクロの実態で見ると、コーポレートとして研究部隊でやるべきはAでもBでもなくCを課題に抱えている工場が
実は一番多い、ということもあり得ます。

ですから、マクロなモニタリングが継続的に必
要なのだろうと思うのです。


(安部)
たくさんの工場がある中で、その課題の共通性をみいだし
て解決していく、というお役割ですね?

(青山)
そうですね。

大きなタービン発電機から小さな半導体メモリーまで作っ
ています。個々の事業体で技術開発、生産技術開発、生産
システム開発もやりますが、共通性を持ったものは1カ所
でやるほうが効率良いですよね。

効率よく研究開発の優先度を決めるためには、工場全体の
ことを知ってなければならない。それを今まで以上に強化
しましょう、ということになります。


関連する講演は・・・
コマツのグローバル戦略とモノづくり
東芝・創造的成長の実現に向けたモノづくり調達改革
インドのトヨタにおける人材育成を基盤とした「労使相互信頼・責任関係」の構築
東レG連携による中国での組織力強化と生産現場力・技術開発力強化
ヤマハ・海外工場運営のための現地人材育成と協業
日産自動車におけるマザー工場の役割について
矢崎総業のグローバル生産拠点マネジメントの考え方
三菱電機FA事業のグローバル化における国内・海外連携
日産自動車・日産の生産グローバル化戦略とモノづくり人財育成

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ