ものづくり総合大会 最新情報はこちら

ライオンインタビューその4

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり、開催前に行ったインタビューです。

海外のニーズの方が、実現が早いかもしれない

(安部)
海外の市場でも、多品種少量の生産ニーズはでてきていますか?

(大和久)
海外でも多品種化は進んでいます。日本市場から求められる技術
をしっかりと確立したうえで、海外にも供与していかなければな
らないと考えています。

逆に海外独自のニーズを実現するのは、現地の方が適任かもしれ
ません。

(安部)
そういう意味では、海外発の技術が新しく生まれてきて、それを
日本側が学ぶというようなことがあり得ますか?


IMG_0964_2
(大和久)
今のところそういう技術を提供するのは、我々の役割
だと思ってます。ただし、それが実現して実際に稼働
するのは、海外が先か日本が先かは問題ではありませ
ん。日本に適用しなければならいないとは、全く思っ
ていませんから。

今までは、日本の方が先で、安定したら海外に展開
することがほとんどだった。

今の日本は、限られた市場を取り合うという状況が
ほとんどで、
思いきった投資も難しい面があります。

経済が成長していると、「そんなにいいことがある
なら、すぐにやろう」という話になります。技術者
は、検討しているだけでは面白くないのです。(笑)


(安部)
そうですね。

(大和久)
実現したいという思いがあるので、国内も海外もなく求められて
いるところに、求められているものを、供給したいという思いが
あります。



IMG_0951_2
(小柳津)
技術者の配置という面からいえば、例えば衣料用洗剤
はかつて粉が主体でしたが、だんだん液が主体になっ
てきたわけです。

そうすると、日本国内でみると粉関連技術に長けた技
術者の配置は難しくなります。ですが、実は海外では
まさにその技術が求められているのです。
いかに技術者をうまく配置していくか、これは大きな
ポイントになります。


(安部)
海外拠点のローカル技術者は、日本から行かれている
技術者が育てるのでしょうか?

(大和久)
ローカル技術者の育成は、まだこれからの取組みにな
ると思います。
ジョイントベンチャーの形態が多く、日本と同じよう
には教育体系を組むのが難しい面があります。


(安部)
ジョイントベンチャーでは、技術を貴社が主導すると
いうことですか。

(大和久)
そうですね。
技術、研究開発は当社というイメージです。相手先が
主導するのは、主に流通になります。

海外がテーマの講演は・・・
コマツのグローバル戦略とモノづくり
シェフラー・日欧技術協働のものつくり
インドのトヨタにおける人材育成を基盤とした「労使相互信頼・責任関係」の構築
東レG連携による中国での組織力強化と生産現場力・技術開発力強化
ヤマハ・海外工場運営のための現地人材育成と協業
ベネッセ・海外サプライヤーとの協働:お客様の学びを実現するベネッセの物作り
日揮・海外大型プロジェクトをまとめあげる日揮のマルチナショナルマインド
日産自動車におけるマザー工場の役割について
矢崎総業のグローバル生産拠点マネジメントの考え方
三菱電機FA事業のグローバル化における国内・海外連携
トヨタ自動車・北米での自立的な車両開発
ファナック・日本で作り続けるファナックのグローバル戦略
川崎重工における「ものづくり戦略」と海外生産展開
日立製作所交通システム社・鉄道車両における生産改革と海外展開
シーメンス・グローバル人材に求められる資質とは
ネスレにおけるグローバルリーダー育成について
日産自動車・日産の生産グローバル化戦略とモノづくり人財育成

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ