ものづくり総合大会 最新情報はこちら

新誠一先生インタビューその13

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり行った、開催前インタビューです。

20世紀は、多数決。21世紀は?

IMG_0711_2

(新)
今まで、お客様の声を聞けてなかったから、消費者の声を聴くというのは、最初のうちはいいんです。お客様と関係性をもって、それを管理するのはいいんだけれど、それにひっぱられて潰れてしまった会社はたくさんありますからね。


(安部)
そこの線引きというか、関係性が非常にセンシティブというか。






(新)
センシティブですよ。

経営者は、マーケットリサーチして、客が求めるものはこういうものだって判断して
つくれば良かったんですから。

でも、今、一番困っているのは、地デジ放送ですよ。視聴率を追いかけ過ぎて、
どんどんつまらない番組を作ってしまう。

例えば、安部さんと私だって趣味が違うわけだから、平均してこんなのみたいっていう
番組作っても誰もみないでしょ。

だって平均値のとこに、誰もいないんだもの。
それよりも、安部さんがみたい番組作ったほうが、視聴率1/3とれるわけだよね。

でも経営者は、よほど胆力がないと実際にそういうことはなかなかできない。

いつも言ってますが、20世紀は、多数決、21世紀は、少数意見の尊重なんですよ。

技術力が低かった頃は、だいたい同じものしか作れなかった。そうすると、だいたい
この辺だねっていう平均値でつくる。これが20世紀です。
今は、例えば3Dプリンターを使って安部さん向き、私向きって、つくれるわけです。

同じ洗面器でも、ハート型洗面器とか、四角の洗面器とか、丸型とか。洗面器は洗面器ですが、
全部違う。
同じ素材を使って、プラットホームがあって、基本は同じものだけど好みを活かした商品が
できてくる。

それが、少数意見の尊重です。

(安部)
それが、21世紀ですか。

(新)
そう、21世紀。みんな違うことしないとね。

(安部)
そこに、舵をきるっていう経営者の胆力が、求められているんですね。

(新)
そこまで分かってて、舵を切っている経営者もたくさんいますよ。

グローバルな時代だから「日本って何だろう?」というローカルなことをすごく
意識しなきゃいけない。

みんなが連携する時代だから、安部は安部、新は新、俺は俺なんだ!という
アイデンティティをしっかり持たなきゃいけない。

だから少数意見の尊重が重要です。それができる技術があります。


(安部)
わかりました。ありがとうございます。

関連するテーマの講演は・・・
2月20日(木)開発分野Bセッション 顧客ニーズとコトづくり

2017ものづくり総合大会 早期申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ