ものづくり総合大会 最新情報はこちら

旭化成インタビューその6

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)にあたり行った、開催前インタビューです。

お客さまにむきあう生産技術

(安部)
生産技術が開発と協働しはじめている背景に、組織的なお話やメン
タリティのお話がありましたけども、その先に「お客さんへ向かう」
というのは、みなさん思ってらっしゃるのですか?
IMG_0996
(後藤)
お客さんのところへ向かうっていうのは、まだ我々のある一部だけですね。
うちの会社の中で少しそういうことが、上手くまわっているという例もあるんですけども、自分としては、その例をもっと引き伸ばしていきたいと思っているので。
当然事業会社でちゃんとまわっているところもあって、それこそ今うまくまわっているところは、みなさん僕が言っている以上にできていると思うんです。


特にへーベルなんてそれがきちんとまわっている会社だろうと。だ
から顧客満足度みたいな評価でもいつも一位、二位ぐらいのところ
にいますし、ほんとうにそこが、生命線みたいなところだと思って
取り組んでると思うんですね。確かサランラップもそうです。サラ
ンラップはお客様からクレームがでたらすぐ飛んでいって、もう対
応たるやただごとじゃないし、工場にもすぐ営業がとんできて、す
ぐ直せ!という話がものすごいです。

たまたまそういう場面を見ていると、そこってすごく大事なのかな
と思っていて。
そういう場面で生産技術の我々に声をかけられたときにしっかり対
応できててるのかなと。

けっして顧客に接しているメンバーだけが顧客へと向かって、我々
はそこから聞いたらいいという話じゃなくて、我々もそういう目線
でやらないといけないよっていうのは、僕が思っていることで、そ
れを実行していきたいです。


(安部)
自信をお持ちだっていうのはとても感じます。
世間一般で生産技術、それからその要素技術、開発が、お客様の満
足度とか商品開発そのものにとって、コア要素であるとは、あまり
言われないと感じます。
実際、商品企画の方に対して生産技術者側からコンサルテーション
できるということですよね。そのことはあんまり公に言われない。

(後藤)
いや、もうほんとに、ほんの少しです。(笑)ほんとにこのぐらい。
でも僕は、そこは回っていると思っているので、先方も頼ってくれて
いる。
彼らに声をかけて彼らから情報をひっぱりだしてもらって、自分たち
の次の開発の方向を決めるといったことが、うまい回り方って僕は感
じてます。

(安部)
その自信というか確信をすごく感じるお話でしたね。

(後藤)
ロジックとしてもストーリーとしても成り立ってるんですよね。お客
様にとってもメリットあるし。
我々がやってることに対してもメリットがある。

そんなに簡単にWIN-WINなんてないんですけども、明らかにそ
れで回るというのが見えますので。
その先もこうやったら回っていくよっていうのが描けてるんですよね。
いい回り方をしてると向こうからもご相談をいただけるし、そこに対
して答えを一応返せているので続いてるんだと思うんですけど、その
ための努力はものすごくしています。
投げかけに対して答えを返すための努力は、そこはものすごく努力し
てますので、それをきちんとしていけば、この流れっていうのは作れ
るんだろうなっていうのはありますね。

結果がでていることと、それが間違ってないと思っていること、それ
をやっていくこと、同じような回し方がほかでもできないかどうかと
いうことですよね。

全部が全部 同じになるかどうかわかんないんですけど、ぜひそれを
やっていきたいと私は思ってます。


ものづくり総合大会に期待することは?

(安部)
ものづくり総合大会に期待いただける点はどんなところでしょうか?

(後藤)
私どものところで一番できていないのは、今こうやって申し上げてい
るにもかかわらず設計、生産技術をおこなっている者が、開発、製造
への関わり方が十分とは言えない。

例えば、開発側との関わり方。私共の会社でも精力的に関わりを持と
うとしているんですけども、全体としての風通しがよくないんですよ
ね。それがよくなるとものづくりってこんなに回るんですよ、ってい
うのが目に見える話が伺えると、俺らもやろうという形になるのかな
って思います。
企画委員として参加させていただいて、端々にそれを感じる話があり
ました。それを聞かせていただければなと思いますね。

なかなか具体的な話は難しいでしょうけども、お話される方の熱の入
れ方で雰囲気はわかると思うので、それで十分かなと思います。
そういうところを、いくつかでも感じ取らせていただけたら参加させ
ていただく価値は十分あるかなと思いますね。あと欲を言えば、こん
なアイディアでこんなふうに変わったとか聞かせていただければ、そ
れは有難いです。


(安部)
上手くいった手法とかですね?

(後藤)
はい。そうですね。
なかなか具体的なお話は難しいでしょうけども。

(安部)
そうですね、できる場合とできない場合はあると思うんですけども、
でも「ここだけの話」をしていただけることも多いので、その場に
いないと聞けないですよ。

(後藤)
ぜひ、そういう場になっていただければと思います。


(安部)
本日はどうもありがとうございました。

関連する講演は・・・

2015ものづくり総合大会

生産分野Eセッション 「たゆまぬ生産技術力強化」
2月19日(木)10:00~16:30
安川電機 日産自動車 ワイ・ディ・シー

開発分野Bセッション 「強みを活かす」
2月19日(木)10:00~16:30
富士フイルム 島津製作所 経済産業省

開発分野Bセッション 「社内連携と企業連携」
2月20日(金)10:00~16:30
日立製作所 マツダ 本田技研工業


2017ものづくり総合大会 参加申込みのご案内
サブコンテンツ
2015ものづくり総合大会パンフレットPDF
2015ものづくり交通案内

開発、設計、研究、RD、商品企画 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略 にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

品質保証、品質管理にたずさわる 幹部・マネジャー・スタッフの方々へ

ものづくり総合大会お問い合わせ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりコラム ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

このページの先頭へ