生産セッションコーディネータインタビューその6|グローバル化において現地教育の重要性とは?

2015ものづくり総合大会の生産セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの石田秀夫さんにお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略)

グローバル化において現地教育の重要性とは?

石田秀夫さん

成富
東芝さんの講演はいかがでしょうか。

石田
東芝さんの講演はフィリピンのパソコン生産拠点でのお話でしたね。

フィリピンだけじゃなくて、グローバルで共通して必要なのは、国民性をちゃんと加味して接したり、マネジメントの仕組みを作っていくことですね。

毎日、夜勤の午後一番に、ミーティングをやるとありましたが、当たり前のことをずっと続けるようにする事が大切だという内容もありました。

講演者の矢野さんも、「必ずミーティング5分前に行くのだ」と仰っていました。

当たり前のことを、当たり前にやることを、上の人が示すことが、大事なポイントだと思いましたね。

よく海外に行くと、日本人と現地の方は、断層ができるというか、離れています。

それは経営者の方や、管理側に近い日本人の方から率先して距離を縮めないといけないと思います。

そういう取り組みも注力して実施していると感じました。

それから、フィリピンに進出している日本以外の企業は、ものづくりに対する人材育成は、やっていない事が多いです。
「日本よりも、丁寧に人材育成をする」事が大事だという話でした。

様々なカリキュラムの提供も同様の話だと思います。

富士ゼロックスさんのご講演にも出てきたのですが、仕事に必要なことも教えるし、会社で必ずやらなきゃいけないようなことも教育しているのです。

例えば「挨拶をしましょう」とか「ゴミを落としちゃいけない」とか。
そういう日常の生活も含めて、育成していくっていうことが大事な点だと感じました。

日本では、当たり前に教えられているけれども、そうじゃない国もありますからね。

成富
そうですね。

石田
また、海外工場のマネジメントの仕組みについては、日本人が上にいて指示している段階だと、あまりよくないと思います。
現地の自立性がないと日本人が、いつまでたっても帰れなくなりますね。

自立性が高められるように、現地の人が会社を回していくような仕組みを作っていくことが大事です。

それは海外企業だと当たり前かもしれない点ですが、東芝さんはしっかりやっていらっしゃった。

海外工場を上手く自立させる点で重要な事は、「いかに現地の人にやらせるか」ということだと思います。
マネージャーの業務もそうだし、一般の方もそうですね。
そこを東芝さんは積極的にやられたのだと思います。

成富
ありがとうございます。


2016ものづくり総合大会の石田コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

D生産
生産技術の追求/グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-1
ヤマハ発動機
「PF戦略をベースとした多様性への挑戦」

12:50~14:30

D-2
マツダ
「揮発性有機化合物とCO₂を同時削減する新塗装技術
~世界で最も環境負担の少ない新水性塗装技術『アクアテック塗装』~」

14:50~16:30

D-3
日産自動車
「日産のモノづくりのグローバル化と人財育成」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

D生産
グローバルに対応する生産とは
10:00~11:40

D-4
YKK
「YKKにおけるマザー機能と海外製品の取り組み」

12:50~14:30

D-5
リコー
「リコーにおけるグローバル生産の対応と今後の展開」

14:50~16:30

D-6
ダイキン工業
「海外拠点での設計・開発の現地化の取り組み」

〜6/10 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP