【優待】JMAものづくり貢献賞講演:トヨタ自動車

2018ものづくり総合大会
オープニングセッション
JMAものづくり貢献賞 表彰式・受賞記念講話 2018年2月21日(水) 10:10~11:20
(敬称略)

JMAものづくり貢献賞は、日本のものづくりに貢献してこられた方を日本能率協会から顕彰させていただくものです。 今回顕彰させていただくのは、トヨタ自動車 顧問 林 南八様です。 受賞を記念し、新美様より受賞記念講話をいただきます。

o0

トヨタ自動車
顧問
林 南八

【略 歴】
昭和18年5月2日生
1966年 武蔵工業大学(現・東京都市大学)、工学部機械工学科卒
    トヨタ自動車工業株式会社 入社
    元町工場機械部技術員室 配属

1970~71年 鈴村主査と遭遇初めて叱られ目一杯逆らった事がきっかけでTPS(トヨタ生産方式
      Toyota Production Systemの略)の世界へ
      以来、社内外を問わずあらゆる製造現場の改善に投入され修業
      大野耐一(おおのたいいち)氏、鈴村氏より直接、薫陶を受けた最後の世代

1982年 課長に昇格、製造課長5年経験
1982年 (トヨタ自動車株式会社へ社名変更)
1987年 次長に昇格(元町工場機械部)
1988年 生産管理部 生産調査室主査となり社内外及び海外にてTPS推進に従事
1991年 部長級に昇格 高岡工場の主査として、組立の生産性向上と物流問題に専念
1993年 生産調査部へ戻る
1997年 生産調査部長
1998年 理事に昇格(生産調査部長)
2001年 技監に就任
2009年 取締役に就任
     生産企画本部 オーダーデリバリー改善推進担当
     生産技術本部 TPS指導担当
     製造本部 TPS徹底推進担当          
2011年 取締役を退任、技監に就任
2014年 技監を退任、顧問に就任 現在に至る

-我々が後世に残せるものは正に人財-
滞留を容認すると開発も遅れるし製造原価も下がらない
-できているか 真の人財育成-
『自分の頭で考えろ 安易に聞くな 安易に教えるな』

  1. 次の世代に残す可きは人財
  2. 誤解されていないかトヨタ生産方式
  3. 人材育成の留意点

21世紀はITの時代?確かにITの進歩は世の中を大きく変えつつある。
しかしそれ以前に我々が力を入れる可きはモノづくりの基本をしっかり根付かせ、強い現場力の復活が求められていると思う。
その為にも我々が次の世代に残せるものは正に人財、自分の頭で考え自ら行動を起こせる人間を如何に多くつくるかが課題!!

優待申込はこちらから
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP