L-2:アスタミューゼ

2018ものづくり総合大会
L:「『共創』の場づくり」に学ぶ
L-2 2018年2月23日(金) 12:50~14:30
(敬称略)

l2

アスタミューゼ
代表取締役社長
永井 歩

「ご聴講いただきたい方」と「聴きどころ」

【ご聴講いただきたい方】
経営層において、自社の新規事業展開を考えておられる方々。
開発部門において、新製品やサービスの開発を担当されている方々。

【聴きどころ】
新規事業の事業化やオープンイノベーション、経営の意思決定、希少人材の採用支援、技術データ分析などのサービスを提供しているアスタミューゼ様。

自前主義を脱却して他社との「共創」を検討、または実際に取り入れている企業が多く見受けられるなか、オープンイノベーションにおける今後の動向や各イノベータとのかかわりを定量的な情報からご紹介いただきます。
また、開示と非開示の境界線の設定など、実務レベルでの事例も含めて、代表取締役社長の永井 歩様にご講演いただきます。

【略 歴】
大学ではロボット工学・人工知能、大学院では原子力工学・数値流体力学を専攻。大学在学中はソフトウェア開発会社で取締役を務め、大学院在学中の2005年9月に自ら、知的資産を流動化する事を目的とした会社、株式会社パテントビューロ(現アスタミューゼ株式会社)を設立し、代表取締役社長に就任。『未来を創る人を支援する』会社としてミッションを変更し、新規事業・イノベーション支援を中心としたコンサルティング事業、人材事業、WEBプラットフォーム事業を展開、現在に至る。
過去には、複数の大学にて「アントレプレナーシップ論」、「先端科学技術とビジネス」など講師を務める。
東京大学大学院工学系研究科修了。

世界のイノベーションデータ・知財データを駆使した共創戦略・オープン&クローズ戦略

  1. データから見るオープンイノベーションのトレンド、事例
  2. データを駆使した各イノベーターとの共創、オープンイノベーション
  3. 中々語られない共創する領域(オープンにする領域)を決めるためにクローズにする領域をどのように決定するのか

アスタミューゼは世界No.1のイノベーションデータ、知財データを保有しており、140社以上の様々な大手企業の『共創』戦略を支援してきました。

・ベンチャー・スタートアップとの共創
・大学・研究機関との共創
・消費者(プロシューマー)との共創

といった各イノベーターとの共創だけではなく、共創に必要なオープン&クローズ戦略のフレームワークについてもご紹介します。

 

参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP