A-2:Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley

2018ものづくり総合大会
A:シリコンバレーに見る日本企業のオープン・イノベーション
A-2 2018年2月22日(木) 12:50~14:30
(敬称略)

a2

Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley
CEO
西城 洋志

「ご聴講いただきたい方」と「聴きどころ」

【ご聴講いただきたい方】
経営層において、自社の新規事業展開を考えておられる方々。
開発部門等において、新規事業、既存事業の改革を担当されている方々。

【聴きどころ】
陸海空の移動手段を製造するヤマハ発動機様。

二輪とマリンの事業は堅調ながらも、今後の新事業における成長を考えたとき、
決して既存事業と新規事業はトレードオフの関係ではないと指摘します。

新事業を開発するために、同社がシリコンバレーを選んだ理由とは?

現地Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valleyの
CEO である 西城 洋志様にご講演をいただきます。

【略 歴】
1996年 ヤマハ発動機株式会社入社
産業用ロボットの開発・製造・販売事業を行うIM事業部にて表面実装機のソフトウェア開発に従事
2013年 成長事業領域の事業企画を担当する事業開発本部 企画戦略グループに異動
2014年 ベンチャー出資やオープンイノベーションを活用した新事業開発を行なう為のNV事業開発部を
新設・異動
同5月 シリコンバレーに駐在開始、新事業開発・機会探索に従事
2015年7月 新事業開発専任子会社のYamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valleyを設立、現在に至る

原点回帰:ヤマハ発動機における新事業開発への挑戦

  1. ヤマハ発動機の目指す新事業開発とは?
  2. 非連続領域の新事業開発における考え方と戦略
  3. 出資・事業開発の事例紹介とその背景

多くの成熟企業が新事業開発へのシフトを明確にしてきている。目的によって取るべき手段は異なるが、特に破壊的創造・非連続領域における事業開発という目的においては、シリコンバレーを活用するという手段をとる会社も多い。
当社における活動の目的・手段・考え方をご紹介する。

参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP