社会、企業、組織、人と共・進化する

2017ものづくり総合大会へのたくさんのご参加ありがとうございます。
来年は2018年2月21日(水)~23日(金)での開催となります。来年のご参加もよろしくお願いいたします。

日本能率協会は、日本製造業のイノベーションが世界を変えると信じており、
各企業の異なる考え方・取組みを共有することが大きな価値を生み、
企業の課題解決や継続的な発展に寄与すると信じています。


ものづくり総合大会は50年の伝統をほこる優秀企業事例の講演会です。
本大会では開発・設計、購買・調達、生産・製造、品質における領域の事例発表セッションを加え、広いものづくり視点から各社の活動事例を学ぶ機会を提供いたします。
近年、スピーディかつ複雑に変化する日本製造業を取り巻く環境変化に対し、開発・生産・調達・品質に代表される広いものづくり機能の協働による課題解決を促進し、日本製造業の発展に寄与することを目的といたします。

日本産業界からの推薦や期待が反映された、年に一度の貴重な情報交流と人的交流の場に、あなたもぜひ足をお運びください。

2017ものづくり総合大会 プログラム

2017ものづくり総合大会は、3日間の大会期間を初日のものづくり企業の経営者にご講演頂く特別講演と2日目、3日目の企業事例講演から構成しています。

ものづくり総合大会の特徴

歴史

これまで53回の開催を誇る伝統と格式のある、ものづくり企業を中心とした事例の報告会です。毎年3500名の方にものづくり総合大会へご参加いただいています。

経営
視点

大会初日は最先端を行く大企業の経営者に、これからのものづくりの進む方向性や考え方および各社の取組みについて講演いただきます。ここでしか聞けない経営者の声を貴社の事業へ取り込む貴重な機会となります。

実務
視点

大会2日目、3日目は製造業を中心とした最先端企業に、各セッションテーマに沿った具体的な取り組みについて、講演いただきます。今、貴社が課題としているテーマに直結した、各企業の具体事例をお聞き頂く機会となります。

異業種
交流

普段は聞くことのできない、異業種の取組みをものづくり総合大会でなら、お聞きする事が可能です。また事前質問や大会当日の質疑応答を通してさらに貴社の業界に落とし込んだ内容を得る事ができます。

課題
解決

ものづくり総合大会の発表事例の選定は、先進ものづくり企業から選出された企画委員の方から意見を聞きながら進めています。様々な課題、業界、役職、部署に対応できる事例が学べる講演会です。

「日本のものづくりは、世界の財産である」(63)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜理論より技術にこだわり〜

図版原稿-5.018
漆細工や螺鈿(らでん)などは言うまでもありませんが、刀剣や根付、帯留め、陶器なども実用的な機能と美しさを求めて生み出された工芸...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(62)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜アイデア・美しさを活かす匠の技能〜

図版原稿-5.016
もともと和時計職人と言われていた竹田近江が、からくり一座の興行を行ったのは、1600年代の中頃からです。そんな時代の道具や材料...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(61)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜好奇心と技のスパイラルが生むからくり〜

図版原稿-5.014
それにしても、こうした緻密な工夫と技はどうやって生まれたのでしょうか? ずいぶん前のことですが、名古屋・御器所の伝統的な...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(60)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜江戸版自動機――二丁テンプの和時計〜

図版原稿-5.012
それに対して日本では、相変わらず、夜明けと日没を境にして、昼/夜のそれぞれを六等分したものを一刻とする不定時法が使われていまし...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(59)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜時計の誕生で定時法に変えたヨーロッパ〜

kajiblog_eyecatch
と書いてきましたが、不定時法がヨーロッパにはなかったのかと言われればそうではありません。ヨーロッパでも、中世まで、不定時法が使われ...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(58)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜不定時法に合わせた時計の工夫〜

kajiblog_eyecatch
江戸時代を通じて、農業においても道具や装置は大きく工夫・改善されてきましたが、日本人の機械的な工夫という点でよく語られるのは、から...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(57)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜第一線で展開される実践的な改良〜

図版原稿-5.008
この千歯こきの話から、伊勢講は庶民の楽しみとして古くから行われただけでなく、農機具や農業技術を各地に伝える重要な機会にもなって...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(56)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜農業技術の改善――こき箸から千歯こきへ〜

図版原稿-5.006
ものづくりという面で、長い間日本人の最大の関心事は米の生産でした。 税金、年貢が米で納められ、各藩や武士の禄高が米で決め...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(55)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜関心は名産品より“つくり方?”〜

図版原稿-5.004
こんな書籍が出版されるほど人気が出たということが言えるのですが、よく見ると、なぜこうした書籍があの時代に、そんなに売れたのか、...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(54)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜パクリ本が出る人気――諸国名産案内〜

図版原稿-5.002
北太平洋に南北に延びる日本列島では、地域ごとに特徴のある産品が生み出されています。各地域で作られるそうしたさまざまな産品への関...
ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2017ものづくり総合大会

TOP