社会、企業、組織、人と共・進化する

2017ものづくり総合大会へのたくさんのご参加ありがとうございます。
来年は2018年2月21日(水)~23日(金)での開催となります。来年のご参加もよろしくお願いいたします。

日本能率協会は、日本製造業のイノベーションが世界を変えると信じており、
各企業の異なる考え方・取組みを共有することが大きな価値を生み、
企業の課題解決や継続的な発展に寄与すると信じています。


ものづくり総合大会は50年の伝統をほこる優秀企業事例の講演会です。
本大会では開発・設計、購買・調達、生産・製造、品質における領域の事例発表セッションを加え、広いものづくり視点から各社の活動事例を学ぶ機会を提供いたします。
近年、スピーディかつ複雑に変化する日本製造業を取り巻く環境変化に対し、開発・生産・調達・品質に代表される広いものづくり機能の協働による課題解決を促進し、日本製造業の発展に寄与することを目的といたします。

日本産業界からの推薦や期待が反映された、年に一度の貴重な情報交流と人的交流の場に、あなたもぜひ足をお運びください。

2017ものづくり総合大会 プログラム

2017ものづくり総合大会は、3日間の大会期間を初日のものづくり企業の経営者にご講演頂く特別講演と2日目、3日目の企業事例講演から構成しています。

ものづくり総合大会の特徴

歴史

これまで53回の開催を誇る伝統と格式のある、ものづくり企業を中心とした事例の報告会です。毎年3500名の方にものづくり総合大会へご参加いただいています。

経営
視点

大会初日は最先端を行く大企業の経営者に、これからのものづくりの進む方向性や考え方および各社の取組みについて講演いただきます。ここでしか聞けない経営者の声を貴社の事業へ取り込む貴重な機会となります。

実務
視点

大会2日目、3日目は製造業を中心とした最先端企業に、各セッションテーマに沿った具体的な取り組みについて、講演いただきます。今、貴社が課題としているテーマに直結した、各企業の具体事例をお聞き頂く機会となります。

異業種
交流

普段は聞くことのできない、異業種の取組みをものづくり総合大会でなら、お聞きする事が可能です。また事前質問や大会当日の質疑応答を通してさらに貴社の業界に落とし込んだ内容を得る事ができます。

課題
解決

ものづくり総合大会の発表事例の選定は、先進ものづくり企業から選出された企画委員の方から意見を聞きながら進めています。様々な課題、業界、役職、部署に対応できる事例が学べる講演会です。

「日本のものづくりは、世界の財産である」(70)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜働きの対価と日本人のモチベーション〜

図版原稿-6.014
こうした武士、農民、職人たちの、仕事へのモチベーションはどこにあったのでしょうか。現代の日本人を考える時に、彼らは、与えられた...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(69)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜官僚として能力が問われる時代へ〜

図版原稿-6.012
勘定奉行にふさわしい家格の武士たちは計算ができず、財務処理を誰もやりたがらないのですから、下級武士にとって、実力さえつければ、...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(68)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜能力主義の萌芽……下級武士の登用・足高制〜

図版原稿-6.010
財政に関心を持たない勘定奉行の下で、財務処理を行うのは計算に長けた家格のずっと低い下級武士ですが、下級武士がいくら危機意識や緊...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(67)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜武士道は損得勘定を取らない〜

図版原稿-6.008
里山の山林が新田に開発され尽くされてしまうと、やがて収穫量は頭打ちになり、税収も増えません。しかし、いったんバブル化した財政は...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(66)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜遊民化する武士〜

図版原稿-6.006
一方、戦う専門家で武力を本職としていた武士も、徳川時代に入ってしばらくすると戦さがなくなり、主君に対して武力で奉仕するという本...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(65)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜バブルが生むこだわりの職人〜

図版原稿-6.004
自然を相手にした農業は、自動的にやるべき作業が決まり、しかも手掛ける面積が広がれば広がるほど働く時間が求められ、手をかければか...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(64)|第六章 勤勉革命と能力主義の萌芽 〜勤勉革命〜

図版原稿-6.002
日本人を語るうえで、勤勉、あるいはまじめ、というのはいまでも欠かせない要素になっています。そして、日本人の「勤勉」さはもともと...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(63)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜理論より技術にこだわり〜

図版原稿-5.018
漆細工や螺鈿(らでん)などは言うまでもありませんが、刀剣や根付、帯留め、陶器なども実用的な機能と美しさを求めて生み出された工芸...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(62)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜アイデア・美しさを活かす匠の技能〜

図版原稿-5.016
もともと和時計職人と言われていた竹田近江が、からくり一座の興行を行ったのは、1600年代の中頃からです。そんな時代の道具や材料...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(61)|第五章 科学より技術に向かう職人たち 〜好奇心と技のスパイラルが生むからくり〜

図版原稿-5.014
それにしても、こうした緻密な工夫と技はどうやって生まれたのでしょうか? ずいぶん前のことですが、名古屋・御器所の伝統的な...
ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2017ものづくり総合大会

TOP