社会、企業、組織、人と共・進化する

2017ものづくり総合大会へのたくさんのご参加ありがとうございます。
来年は2018年2月21日(水)~23日(金)での開催となります。来年のご参加もよろしくお願いいたします。

日本能率協会は、日本製造業のイノベーションが世界を変えると信じており、
各企業の異なる考え方・取組みを共有することが大きな価値を生み、
企業の課題解決や継続的な発展に寄与すると信じています。


ものづくり総合大会は50年の伝統をほこる優秀企業事例の講演会です。
本大会では開発・設計、購買・調達、生産・製造、品質における領域の事例発表セッションを加え、広いものづくり視点から各社の活動事例を学ぶ機会を提供いたします。
近年、スピーディかつ複雑に変化する日本製造業を取り巻く環境変化に対し、開発・生産・調達・品質に代表される広いものづくり機能の協働による課題解決を促進し、日本製造業の発展に寄与することを目的といたします。

日本産業界からの推薦や期待が反映された、年に一度の貴重な情報交流と人的交流の場に、あなたもぜひ足をお運びください。

2017ものづくり総合大会 プログラム

2017ものづくり総合大会は、3日間の大会期間を初日のものづくり企業の経営者にご講演頂く特別講演と2日目、3日目の企業事例講演から構成しています。

ものづくり総合大会の特徴

歴史

これまで53回の開催を誇る伝統と格式のある、ものづくり企業を中心とした事例の報告会です。毎年3500名の方にものづくり総合大会へご参加いただいています。

経営
視点

大会初日は最先端を行く大企業の経営者に、これからのものづくりの進む方向性や考え方および各社の取組みについて講演いただきます。ここでしか聞けない経営者の声を貴社の事業へ取り込む貴重な機会となります。

実務
視点

大会2日目、3日目は製造業を中心とした最先端企業に、各セッションテーマに沿った具体的な取り組みについて、講演いただきます。今、貴社が課題としているテーマに直結した、各企業の具体事例をお聞き頂く機会となります。

異業種
交流

普段は聞くことのできない、異業種の取組みをものづくり総合大会でなら、お聞きする事が可能です。また事前質問や大会当日の質疑応答を通してさらに貴社の業界に落とし込んだ内容を得る事ができます。

課題
解決

ものづくり総合大会の発表事例の選定は、先進ものづくり企業から選出された企画委員の方から意見を聞きながら進めています。様々な課題、業界、役職、部署に対応できる事例が学べる講演会です。

「日本のものづくりは、世界の財産である」(47)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜税は都まで納税者が持参〜

図版原稿-4.014
製造業でものづくりや改善のお手伝いをしている人間から見れば、延喜式の作られた900年頃は、極めて単純で原始的な管理が行われ...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(46)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜情報の宝庫「延喜式」〜

図版原稿-4.012
東大寺の写経所で、遣唐使たちが持ち帰った経典の筆写が行われているころ、朝廷では「延喜式」の編纂が進められていました。 ...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(45)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜明解なインセンティブ給与の算出法〜

eyecatch_kaji
そんな厳しい状況でありながら、反故にされる用紙の率は、最悪の人でもわずかに2.5パーセント、なかには195枚の大般若経を書写して1...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(44)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜厳しいノルマと罰則規定〜

eyecatch_kaji
格調の高いしっかりした筆致で経典の文字を1日に3000字書き写すという作業スピードはいったいどのくらいのペースなのでしょうか。 ...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(43)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜写経という仕事〜

図版原稿-4.006
日本で木版の印刷技術が行われたのは、七七〇年に称徳天皇が陀羅尼(ダラニ)を木版で100万巻印刷し、百万基の小塔に収めて各地...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(42)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜公平な一日の仕事量〜

図版原稿-4.004
ものづくりの世界では、数値を基本にした科学的管理法が行われはじめたのは、F・W・テイラー(米:Frederick Wins...

「日本のものづくりは、世界の財産である」(41)|第四章 律令時代を支えた計数管理 〜科学的なマネジメント〜

図版原稿-4.002
第二次大戦で焦土と化した日本は、明治維新後に続いて、2度目の欧米産業へのキャッチアップを体験しました。そのきっかけになった...

梶文彦の「ものづくり 日本の心」(40)|第三章 豊かに広がるものづくりの世界 〜合理・論理/非合理・非論理を容認する文化〜

eyecatch_kaji
長い間、西洋文化の合理性や価値観を前提にして、暗黙知であるカンやコツは非合理的な要素として排除されてきました。しかし最近は、逆に、...

梶文彦の「ものづくり 日本の心」(39)|第三章 豊かに広がるものづくりの世界 〜融合するカン・コツとマニュアル〜

eyecatch_kaji
日本のものづくり現場の強さの秘訣は、野沢定長がこだわったように、論理的な正しさを越えて、しっくりこないといった感覚を大事にする中か...

梶文彦の「ものづくり 日本の心」(38)|第三章 豊かに広がるものづくりの世界 〜忽然と知る円数の妙〜

eyecatch_kaji
野沢定長が、数学的に正しい三・一四を取らず、あえて三・一六二を選択したのは、なぜなのか。 円周率の計算に明け暮れるある日、彼...
ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー 購買・調達人材育成スクール ものづくりポータルサイト ものづくりコラム 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース ものづくり人材育成スクール 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2017ものづくり総合大会

TOP