ものブロ

ものづくり総合大会 オープニングセッション終了しました!

2017年ものづくり総合大会が開幕しました。
1日目のオープニングセッションは、今年度のものづくり貢献賞を受賞されたジェイテクト株式会社の新美相談役の講演から始まり、
法政大学西岡教授、ファナック稲葉会長、デンソー有馬社長の合計4名の方にご講演頂きました。
本日は各講演者にご登壇頂いた講演の、概略をご紹介します!

ジェイテクト 新美氏講演
2016年度ものづくり総合大会ではものづくり貢献賞の受賞記念として、ジェイテクトの新美相談役による記念講話をいただきました。
GDP等の数値をもとに日本が置かれている危機的状況に関して考察を行い、今こそモノづくり日本の力を発揮すべきであり、そのためには人財育成や日々の製造現場のムダをなくすことが重要であると述べられました。

IVI 西岡氏講演
多くの企業がIoTの重要性を認識しているものの、具体的な策は打ち出せていないという状況にあると思います。
その原因としては、クローズにすべき点・オープンにすべき点の棲み分けが難しいこと等があげられますが、そもそもIoTという言葉だけが先行してあまり議論がされていないのではという注意喚起をしたうえで、IoTとは何か、IoTを通して何を実現することができるのかという点にも講演では言及しました。

ファナック 稲葉氏講演
ファナックが進めるオープンプラットフォーム「FIELD system」に関して講演頂きました。
「FIELD System」は製造現場の新しいエコシステムの確立と、インテリジェントな製造現場の実現を目的としており、機械の耐久寿命や製造企業に制限を受けず、繋がりあえるプラットフォームです。
課題はまだまだ残っているとしているものの、産業革命が人間の暮らしを豊かにしたように、より人間が人間らしい生活を送ることを、ロボット技術を通して実現していきたい。と述べていました。

デンソー 有馬氏講演
ものづくりが大好きだ、とキラキラと輝く笑顔で講演をされた有馬社長。
同社が取り組む開発技術と量産技術。それを支えるコンカレントエンジニアリングと人財育成の取り組みに関してご講演いただきました。
同社は「ダントツものづくり」として先進的なIoTの取り組みで注目を集めていますが、その裏にあるのは、人づくりや仲間づくりを通した情熱と笑顔でワクワクするものづくりを実現したいという思いである、と1日目のオープニングセッションを締めくくっていただきました。

各講演の詳細情報は後程、こちらのブログで公開いたします。
お楽しみに!


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP