テキスト合本のご案内

book1book2book3

ものづくり総合大会は、開発・設計、生産技術、生産、購買・調達、品質、人材開発までものづくり戦略を先進企業に発表いただく講演会です。

これからの「ものづくり」への気づきを得ていただくことを目的に年に1回開催しております。

毎年、全国の生産に携わる約3,000名を超す方々が一堂に会する本大会ですが、大会終了後に『ものづくり総合大会テキスト合本』をご提供しております。

『ものづくり総合大会テキスト合本』は・・・

1.オープニングセッションを含めた全セッションの配布資料
2.高い専門性を有するコーディネータによる、セッション内容のポイント解説書(A1~F6)をまとめた、
3.全1000ページを超える資料です。

「参加していないセッションの講演内容を把握したい」
「日程が合わずに参加できなかったが、是非講演内容を理解したい」
「ものづくり全体の戦略のトレンドを知りたい」
「ものづくり改善に向けてのヒントがほしい」

という方に、毎年大変好評を頂いております。

皆様に合本購入をおすすめさせて頂く理由は・・・

1.時間や場所の制約が無くなる

毎年、「日程が合わずに参加できなかった」「宿泊を伴う出張参加は難しい」という方が多数いらっしゃいます。
本資料をご購入頂くことで、日程や開催場所、講演を聴講できる人数といった、物理的制約条件がなくなりますので、学びと気づきの場を数多くの方にご提供可能です。

2.社内での情報の共有が容易

大会という場を共有し、生の公演に耳を傾けて頂くことには大きな価値があります。しかしながら、社内にお持ち帰りいただいてからの情報共有、将来にわたる情報蓄積という観点から、テキスト合本も大変好評を頂いております。

3.情報の質・量ともに充実している

テキスト合本は、オープニングセッションを含めた全セッションの実際の公演で配布された資料、並びに、高い専門性を有するコーディネータによる、セッション内容のポイント解説書(A1~F6)をまとめた、全1000ページを超える資料です。

情報の質、量の充実という点につきましては、長年お客様からご好評を頂いております。

 

テキスト合本目次(敬称略)

オープニングセッションを含む、全公演の配布資料をご提供いたします

    JMAものづくり貢献賞 表彰式・受賞記念講話
    トヨタ自動車
    顧問     林 南八

    「-我々が後世に残せるものは正に人財-
    滞留を容認すると開発も遅れるし製造原価も下がらない
    -できているか 真の人財育成-
    『自分の頭で考えろ 安易に聞くな 安易に教えるな』」

    特別講演1
    スタンフォード大学
    アジア太平洋研究所    櫛田 健児
    「ものづくりとシリコンバレー、「アルゴリズム革命」のディスラプションとSV経済圏活用のポテンシャル」

    特別講演2
    GLM
    代表取締役     小間 裕康
    「『できない』『あり得ない』に挑むものづくり」

    特別講演3
    安川電機
    代表取締役社長     小笠原 浩
    「世界一・世界初にこだわるYASKAWAのものづくり~中国市場動向を中心とした取り組み~」

    【シリコンバレーに見る日本企業のオープン・イノベーション】

    ●AZCA
    マネジングディレクター     石井 正純
    「ものづくりの新たなパラダイム
    ~シリコンバレーからの視点~」

    ●Yamaha Motor Ventures & Laboratory
    Silicon Valley
    CEO     西城 洋志
    「原点回帰:ヤマハ発動機における新事業開発への挑戦」

    ●Honda R&D Innovations
    CEO     杉本 直樹
    「ホンダのシリコンバレー発オープンイノベーション戦略」

    【ファーストワン/オンリーワンに挑むものづくり】

    ●アネスト岩田
    福島工場 生産技術グループ 工場生技チーム
    チームリーダー     穂積 寛之
    「ボトムアップの生産革新~生き残りを懸けた現場の挑戦~」

    ●プラモール精工
    代表取締役     脇山 高志
    「無停止成形を実現するものづくリ」

    ●サントリー食品インターナショナル
    ジャパン事業本部 商品開発部 主幹     寺本 貴則
    「『オンリーワンの価値を持つ商品』を目指して」

    【秀でた現場経営者(第一線監督者)の事例に学ぶ】

    【第一線監督者の集い:バンコク最優秀事例賞】
    ●デンソー・タイランド
    サーマル製造部 生産1課 課長     ポラメート・ウィスンタナン
    「私が進めた職場の体質強化」

    【第一線監督者の集い:名古屋 最優秀事例賞】
    ● 白河オリンパス
    第1製造部 チームリーダー     薄井 雅則
    「信頼から生まれる“やりがい”のある職場~ブレない信念で取り組んだ職場づくり~」

    ● 富士ゼロックスマニュファクチュアリング
    鈴鹿事業所 第四製造部 製造グループ
    製造3チーム ラインリーダー     原 博幸
    「年上メンバーからの信頼を勝ち取れ 〜職場を変えた新米リーダー奮闘記〜」

    【第一線監督者の集い:福岡 最優秀事例賞】
    ●ケイミュー
    伊賀事業所 外壁材製造部 作業長     幹田 悟司
    「見えない壁を乗り越えて!全員参画職場への変革〜生産性15%向上への道のり〜」

    ●マツダ
    第4PT製造部 第1変速機課 ダイキャスト係 係長     白上 智之
    「モノ造り革新をベースに、現場の底力を結集 ~目指せ!組立同期化生産~」

    【調達戦略で実現する品質と効率化の担保】

    ●ジュピターテレコム
    情報システム・資材部門
    執行役員 副部門長 兼 資材本部長     宮島 隆
    「調達力を組織として向上させる取り組み」

    ● 独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)
    製品安全センター 製品安全技術課 主査     片岡 孝浩
    「身近に潜むサイレントチェンジ問題について」

    ●ヤマトホールディングス
    ※収録されておりません。

    【新たな製品開発アプローチに学ぶ】

    ●トヨタ自動車
    Mid-size Vehicle Company MS製品企画 ZV
    チーフエンジニア     勝又 正人
    「BEAUTIFUL MONSTER 新型カムリの開発とトヨタの構造改革(TNGA)」

    ● TOTO
    機器水栓事業部 水栓開発第二部 部長     三浦 彰司
    「節水と浴び心地を両立するシャワーヘッド開発の取り組み」

    ● 富士フイルム
    グローバル生産室 マネージャー     山田 仁
    「ものづくり共創Factory〜世の中にHAPPYを創出するお客さまのものづくりを、既存の高次加工技術インフラで支援する製造業の新サービス〜」

    【「あたり前品質」を技術で作りこむ】

    ●アーレスティ
    技術部技術開発2課 課長     大出 克洋
    「製造条件管理の変革による鋳巣品質保証の取り組み事例~NI法の進化・X線全数検査の廃止を目指して~」

    ● デンソー
    ダントツ工場推進部 部長     加藤 充
    「リーン追求:躍動し続けるモノづくりへの挑戦」

    ●新日本無線
    電子デバイス生産本部
    兼 電子デバイス開発本部 執行役員 本部長     小宮山 一明
    「海外の生産工場で高品質製品を作れるか!?」

    【世界のオープン・イノベーションの潮流】

    ●シーメンス(ドイツ)
    専務執行役員     島田 太郎
    「シーメンスのものづくりの世界-デジタルプラットフォーム-」

    ●コランダム・イノベーション(イスラエル)
    取締役事業開発部長 岡本 伸一
    「イスラエルを舞台としたオープンイノベーション:いかに技術ベンチャーにアクセスするのか」

    ●Draper Nexus(米国)
    Managing Director     中垣 徹二郎
    「シリコンバレーにみる事業会社のオープン・イノベーションとVCの果たす役割」

    【V字回復/業績向上企業に学ぶ】

    ●VAIO
    執行役員専務 今井 透
    「最先端のIT技術を活かしたVAIOの新たなる価値創造」

    ●アシックス
    スポーツ工学研究所 取締役執行役員・所長     西脇 剛史
    「アカデミックマーケティングとモノづくり・コトづくり」

    ●日立製作所
    Smart Transformation Project 強化本部
    プロジェクト・マネジメント推進室長     加賀田 美朗
    「日立グループ横断の構造改革プロジェクト~ Hitachi Smart Transformation Project ~」

    【生産拠点戦略を考える】

    ●華南日通国際物流(深セン)有限公司
    物流企画部 部長     久米 道之
    「巨龍中国!2,800万台の自動車生産を支える日通モデル ~進化する自動車部品物流~」

    ● パナソニック株式会社
    エコソリューションズ社
    ライティング事業部 新潟工場 工場長     森川 誠
    「勝ち残る国内工場に向けたものづくり現場革新」

    ● GEヘルスケア・ジャパン
    製造本部 Brilliant Factory プロジェクト長     田村 咲耶
    「工場デジタル化によるカイゼン倍速化 〜GE日野工場Brilliant Factoryの挑戦と取組み〜」

    【プロセス革新に挑むものづくり】

    ●日産自動車
    パワートレイン生産技術本部 エキスパートリーダー     塩飽 紀之
    「Game Change を起こす、将来生産技術について」

    ●NECプラットフォームズ
    生産本部 甲府生産統括部 生産統括部長     原田 久嗣
    「マスカスタマイゼーションを徹底したサーバのものづくり改革 ~営業・開発・生産・物流が一体となって進めたコモディティ製品での勝ち抜き戦略~」

    ● トヨタ紡織ハノイ
    工場長     水野 竹男
    「生き残りをかけたものづくりプロセス革新」

    【「『共創』の場づくり」に学ぶ】

    ●富士ゼロックス
    お客様共創ラボラトリー
    シニアマネジャー     稲垣 政富
    「お客様共創ラボラトリー:オープンイノベーションによる価値創造の場」

    ●アスタミューゼ
    代表取締役社長     永井 歩
    「世界のイノベーションデータ・知財データを駆使した共創戦略・オープン&クローズ戦略」

    ●大阪ガス
    オープン・イノベーション室 室長     樋口 裕思
    「アウトサイドイン型オープン・イノベーション活動における共創の場づくり」

    【働き方の多様性と人材育成】

    ● アサヒグループホールディングス
    調達部門 兼 グローバル調達戦略推進センター 
    理事 ゼネラルマネージャー    﨑田 薫
    「アサヒグループにおける調達人材育成について―グローバル化への挑戦―」

    ●富士ゼロックスマニュファクチュアリング
    常務執行役員 鈴鹿事業所長     古川 雅晴
    「全員参加の生産革新活動(Fuji Xerox Production Way)による『自ら考え行動する』風土熟成ともの作り現場革新」

    ● TDK
    技術・知財本部 本部長     松岡 大
    「若手研究開発職に事業を経験させる取り組み事例」

コーディネーター解説書目次

高い専門性を有するコーディネーターによるポイント解説が、A~Fすべてのセッションに不随します。

 

コーディネーター6名の経歴


野元 伸一郎

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント


    1965年2月: 生まれ
    1991年3月: 東京理科大学工学部経営工学科卒業
    1993年3月: 東京理科大学工学研究科修士課程経営工学専攻修了
    1993年4月: 日本能率協会コンサルティング入社
    2005年3月: 北陸先端科学技術大学院大学 博士前期課程 知識工学科MOTコース修了
    2009年4月: シニア・コンサルタント
    2012年3月: 北陸先端科学技術大学院大学 博士後期課程 知識工学科修了
    2012年4月: JMA Holdings ASEAN推進センター出向(センター長)

    現在、日本能率協会グループのASEANビジネスを拡大すべく、
    ・AEC: ASEAN Economic Community(ASEAN経済共同体)以降を見据えたビジネス企画推進(タイ、ミャンマー、インドネシア等)
    ・日系電機・通信系メーカーの台湾・中国・ASEANにおけるODM/EMS推進プロセス革新
    ・ASEANの農業・食品・鉄道といったインフラ系革新に向けた日本・ASEAN各団体とのソリューション検討
    ・JMAC ThailandへのRD&E革新コンサルティング・ソリューションの技術移転
    等に従事している。

    ≪主要なコンサルティング・テーマ≫
    1.研究開発・設計プロセスのイノベーション/改革
    ◇コンカレント・エンジニアリング
    ◇開発期間短縮・効率化
    ◇技術ロードマップ構築
    ◇プロジェクト・マネジメント
    ◇3Dプロセス改革
    ◇技術人材開発

    2. 製品・設計品質向上
    ◇フロントローディング/コンカレントエンジニアリング
    ◇ODM/EMSプロセス革新
    ◇設計品質向上
    ◇ISO9001/22000 認証取得・活用

    3. 製品設計支援
    ◇先行提案力強化
    ◇商品企画革新

    4.グローバル人材開発

    ≪主要なコンサルティング分野≫
    ◇電機・通信(ハードウェア、ソフトウェア、メカ、 LSI)
    ◇自動車・自動車部品
    ◇プラスティック・樹脂
    ◇半導体
    ◇食品



石山 真実 氏

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント

    1984年 日本能率協会コンサルティング 入社
    1992年 チーフ・コンサルタント
    2001年 シニア・コンサルタント

    工場の生産性向上を主軸に、自動車、自動車部品、電器、医薬、化学、食品など数多くの業種で成果をあげてきた。近年では、工場の総合的コストダウン活動、営業・開発・生産一体体制での売上向上活動を展開。また現場診断(生産性向上・原価低減の可能性診断、改革マネジメントレベル診断)についての、プログラム開発や実施経験も豊富。
    人材教育では、「生産革新コース(IE士認定)」や「生産技術者コース(CPE認定)」の講師として、その実践的な内容は好評を得ている。「生産マイスター」の通信教育テキストやスクーリング開発の監修も実施。

    ≪主要なコンサルティング・テーマ≫
    1.分野 工場の総合コストダウン,生販開一体体制での売上向上,改革マネジメントシ ステム構築,TOPマネジメント
    2.業種・業態 製造業全般

    ≪主なコンサルティング実績≫
    ◇工場診断(生産性向上、原価低減)  製造業全般
    ◇改革マネジメントシステムの導入、推進(原価低減、リードタイム短縮、品質向上等)
    ◇製造業 全般 工場建設  製造業全般
    ◇生産性向上、IE教育  製造業全般
    ◇生販開一体体制での売上向上  製造業全般

    ≪主な著書・論文・記事など≫
    「生産マイスター」(監修)



小澤 勇夫 氏

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント

【外部団体】
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会:
運営委員会委員及びロジスティクス大賞ノミネート委員

 

    1982年3月 早稲田大学 法学部 卒
    1989年3月 日本能率協会コンサルティング 入社

    生産・SCM領域におけるコンサルティング活動に従事している。
    主要テーマは、経営戦略視点からの生産・SCMシステム構築支援、事業戦略視点からのリソースマネジメント改革(管理制度、アウトソーシング)支援、効率化視点からの機能別改革(輸配送設計、荷役作業設計、在庫管理、生産管理)支援などである。
    近年では、「サプライチェーンのプラットフォーム構築」を提唱して、業界毎の新しいインフラの仕組みを模索している。海外企業では、自動車のパーツ供給コンサルティングを欧州と北米で展開。

    ≪コンサルティング主要テーマ≫
    ◇ SCM構想立案~実施までの一貫コンサルティング
    ◇ SCM機能別コンサルティング(物流作業改善、倉庫管理システム構築、物流センター設計・建設、物流情報システム構築、輸配送改善、3PL業者選定など)
    ◇ 生産管理システム構築・原価管理システム構築・新工場設計
    ◇ 全社業務改革・収益改善

    ≪主な著書・論文・記事など≫
    ◇「続・物流改善ケーススタディ65」 日刊工業新聞社 (2007・共著)
    ◇「物流改善ケーススタディ65」 日刊工業新聞社 (2004・共著)
    ◇「IEハンドブック」 日本能率協会マネジメントセンター (1994・共訳)
    ◇「工場管理」「ISOマネジメント」「輸送経済新聞」
    「Logi-Biz(ロジスティクス・ビジネス) 」 等 寄稿多数



松田 将寿 氏

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント


    製造業を中心に17年の経験。生産領域コンサルティング13年、戦略領域コンサルティング4年
    の経験をもち、支援企業は製造業を中心に国内外あわせて50社を超える。
    主要領域は、生産観点からの戦略立案、機能横断型テーマ(SCM、品質保証)

    ≪コンサルティング主要テーマ≫
    1.経営戦略系:ビジョン策定、再生戦略・成長戦略立案、事業戦略立案(特に、変換期の事業戦略)
    2.生産戦略系:グローバル製造戦略策定、ものづくり戦略策定、内外製戦略策定、品質戦略策定、
    3.構造改革系:収益改革、生産拠点再編成、
    4.マネジメントシステム系:サプライチェーン・マネジメント、品質保証マネジメント、リスク・マネジメント、スキル・マネジメントなど
    5.オペレーション系:ナレッジ・トランスファー支援(海外工場垂直立上)、生産性向上支援、品質向上、LT短縮、
    最適生産システム構築、ライン生産、セル生産方式導入、工程管理設計、技術開発目標値達成など

    ≪支援業種≫
    重工業(航空宇宙・橋梁・鉄道他)、自動車・自動車部品、工作機械、精密機器、コングロマリット、家電、医薬、食品、住宅建材、半導体、印刷、省庁(経済産業省・林野庁)など

    ≪主な著書・論文・記事など≫
    ◇「競争優位をめざす人材戦略-13社にみる人材戦略の革新モデル-」(日本能率協会マネジメントセンタ,2002,共著)
    ◇「問題を整理し、分析する技術」(日本能率協会マネジメントセンター,2004,共著)
    ◇「エグゼクティブ・コーチング -経営幹部の潜在能力を最大限に引き出す-」(日本能率協会マネジメントセンター,2005,共訳)」
    ◇「すごい プレゼン資料のつくり方」 (中経出版,2009,共著 監修)
    ◇「ものづくり実態調査」 (日本能率協会/日本能率協会コンサルティング、2003,2006、共著)
    ◇「品質保証実態調査」  (日本能率協会コンサルティング、2010、共著・監修)
    ◇「『ISOマネジメント』,「モノづくり実態調査から見る日本製造業復権に向けた提言」,2004,『工場管理』
    ◇「SCM連載」,2003-4」
    ◇「コアコンピタンス経営 内なる情報を強化せよ」,2007,JMAマネジメント・レビュー
    ◇「変革点を迎えた品質保証」、2010、JMAマネジメントレビュー



加賀美 行彦 氏

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント


    1992年 慶應義塾大学法学部卒業
    1992年 日本能率協会コンサルティング 入社
    2000年 チーフ・コンサルタント
    2005年 購買・調達資格(CPP)企画委員
    2007年 購買・調達資格(CPP)スタート
    2008年 シニア・コンサルタント
    2008年 マスター・マネジメント・コンサルタント認定取得
    (J-MCMC:公益法人全日本能率連盟資格)
    2012年 JMACオペレーション革新本部GM
    2013年 JMACグローバル・調達革新センター・センター長

    調達を中心に、生産・生産管理・開発の領域を含めトータルコストリダクションや、技術力向上、人材育成といった中長期的な体質強化のコンサルティングを行う。
    欧州、米国、中国・アジアなど、世界各地での経験も豊富であり、日本企業のグローバル化にともないグローバルカンファレンスのコーディネートの依頼もいただいている。

    ≪コンサルティング主要テーマ≫
    調達関連全般(調達CR、開発購買、調達戦略立案・実行、調達基盤整備、サプライヤー改善支援、調達品質向上、調達LT短縮、等)及び、生産領域(生産性向上、生産LT短縮、生産システム改革、等)、並びに開発領域(開発プロセス再構築、等)にかかる調達コスト戦略立案・推進、調達コスト低減、調達基盤整備など。
    ◇トータルコストダウン、トータルコストマネジメント革新 ・原価管理・採算管理(原価管理制度、採算性向上支援)
    ◇調達コストダウン、調達業務革新、調達水準診断、人材育成 ・購買システム構築のための業務設計・要件定義
    ◇サプライヤー戦略立案、サプライヤー査定・改善支援 など

    ≪主なコンサルティング実績≫
    経験業種は、主に自動車/部品、二輪車、家電、製薬・食品、化粧品、日用雑貨、電力設備、工作機械、精密機器、航空機器、住宅、建材、化学、工業用原料、流通業などの業種と幅広い。また総合商社での実績もある。また、国内外のグローバル企業における生産・調達・物流革新プロジェクト支援の経験を多数もっている。

    ◇自動車メーカー及びTier1/Tier2における調達コスト戦略立案と推進、調達基盤構築支援、
    サプライヤーマネジメントシステムの再構築、調達人材育成の仕組み構築
    ◇製薬・食品メーカーによる原材料コストダウン推進支援
    ◇アジア市場投入製品コストダウン、コスト開発プロジェクト支援
    ◇総合医療機器メーカーにおける調達革新プロジェクト及びグループ調達人材育成推進支援
    ◇製鉄におけるサプライヤー戦略を中心とした調達コストダウン推進プロジェクト支援       など

    ≪主な著書・論文・記事など≫
    2008年「調達プロフェッショナルスタディガイド(CPP)」JMA
    2011年「アジア(AC&I)における資材・調達のあり方」
    JMAものづくり応援Web
    2012年「加速するグローバル競争下の開発購買の役割」
    プラントエンジニア



石田 秀夫 氏

日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント

【外部団体】
(社)自動車技術会

    大手自動車メーカー入社し、エンジニアとして実務を経験。
    1.国内外の工場・ライン及び設備計画・新商品量産化計画及び
    立上げ
    2.生産技術開発(量産化技術開発:国内外特許取得多数)
    3.その他 VA/VE、生産設計、品質改善、現場改善、全社改革プロジェクト等の業務に従事

    2001年 日本能率協会コンサルティングに入社。入社後、生産部門及び開発設計部門のシームレスな収益改善・体質改善活動を主に企業支援を行う。
    「ものづくり」を広くテーマを捉え、トータルなマネジメント改革に取組んでいる。

    最近では、事業戦略・商品戦略・技術戦略・知財戦略を組合せた「マネできない ものづくり戦略」を研究・普及中である。
    近年、企業再生なども多く行っており、再建のなかでは社員の力を出し切る再建をモットーに実践中である。

    業界としては自動車・自動車部品・電気機器・半導体業界等の製造業を主に活動中である。

    ≪主な著書・論文・記事など≫
    ◇CPE (生産技術マネジメント資格制度) 準拠テキスト、試験委員
    ◇ものづくり実態調査 共著 日本能率協会/日本能率協会コンサルティング(2003、2006、2009)
    ◇生産マイスター 1級・2級講座監修 JMAM(2012)
    ◇ビジネス実務辞典「生産管理」 共著 JMAM(2007)
    ◇上手な問題解決の方法が面白いほどわかる本 個人と組織の現場力を高めるポイント35 共著
    中経出版 (2007)   他

 

テキスト合本サンプル

サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP