調達セッションコーディネータインタビューその2|開発購買を課題と考える企業が減ったわけは?

2015ものづくり総合大会の調達セッションコーディネータ 日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタントの加賀美行彦さんにお話を伺いました。日本能率協会の成冨一仁がインタビューします。(以下敬称略)

開発購買を課題と考える企業が減ったわけは?

加賀美行彦さん

成富
開発購買のセッションに関してはいかがでしょうか。

加賀美
開発購買に関する講演は2つあり、1つを私が、もう一つをオムロンさんが講演しました。

私の講演がオムロンさんの前段になり、オムロンさんの講演でレベルを上げるためにどのような取り組みをしているのか、事例を挙げて説明していただきました。

2つの講演が同じ方向を向いていたと感じています。

今、開発購買をやっていない企業はほとんどなくなり、取り組みに対する段階は少し変わってきているようです。

開発購買の取組みが過渡期に入っているのでしょうね。

数年前までは「開発購買をやらなくてはいけないのに、なかなかうまくいきません」という入口のところで議論している企業が多かったように思います。

今は多くの企業が入口論を卒業しています。

成富
そうなのですね

加賀美
また、開発購買を取り組んでいる企業は増えてきているのに、課題だと思う企業は減っているように感じています。

かといって、それほどうまくいっている企業が増えたようにも感じていません。

ということは、課題が少しずつ見えなくなってきているのかもしれません。

それで私の講演では開発購買推進の課題で比較的よくあることを6点ほど挙げて説明しました。

オムロンさんも長い取り組みの中で、様々なタイミングで課題が生まれ、克服した事例を具体的に説明していました。

開発購買には様々な課題があることを、視点を整理しながら提供できたのではないかと思っています。

成富
調達・SCMセッションで取り上げたい、テーマはありますでしょうか。

加賀美
例えばCSRでしょうか。

他には、調達部門が会社の業績にどう貢献していくか、ということです。

あとはリーダーシップでしょうか。

人材育成や調達部門全体を引っ張っていく人材の養成は重要です。

成富
そうですね。

加賀美
他にはIT系の話をどう取り上げるかです。


2016ものづくり総合大会の加賀美コーディネータ担当セッションはこちら↓

2016年2月18日(木)10:00~16:30

C調達・SCM
グローバルに対応する調達とは
10:00~11:40

C-1
IHI
「調達費削減のグローバル戦略」

12:50~14:30

C-2
日本電気
「NECにおけるグローバル調達力強化への取り組み」

14:50~16:30

C-3
味の素
「事業のグローバル展開と調達の考え方」

2016年2月19日(金)10:00~16:30

C調達・SCM
調達戦略をひも解く
10:00~11:40

C-4
日立製作所
「コスト最適化設計への調達プロセスのあり方」

12:50~14:30

C-5
あまねキャリア工房
「モノ買いの時代からサービス調達の時代へ
  ~IT調達に求められる“3SD”」

14:50~16:30

C-6
富士ゼロックス
「富士ゼロックス(株)におけるノンプロ購買改革」

〜2/3 page〜


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP