開発セッションコーディネーター7|プロダクトのイノベーションとプロセスのイノベーションとは?

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後におこなったインタビューです。

プロダクトのイノベーションとプロセスのイノベーションとは?

IMG_3601安部
今回のセッション6社(注2014ものづくり総合大会)のご講演を受け、全体トレンドやご感想をいただければと思います。

野元
「顧客ニーズとことづくり」は、プロダクトのイノベーションですね。
「開発・研究と生産の協働」は、プロセスのイノベーションになると思います。

プロセスイノベーションだけを頑張ったらプロダクトが生まれるわけでもないし、プロダクトイノベーションだけ頑張っても、必ずしもものづくりが上手くいくわけではない。
やっぱり両輪回ることが大事だと思うのです。

そのためには、やっぱりそこで働いている人、関わっている人がどれだけやる気とスキルを持ってその実現に向かうかということですね。

プロダクトとプロセスと人、この三位一体をうまくバランスよくマネジメントすることが、今後も成功していくポイントだと感じました。

ドメスティックな市場からグローバルな市場へと変わって行くと、グローバルの市場がどういうところかを知らないと、プロダクトもいいものが考えられないし、プロセスも考えられないし、人の考え方も変わらないでしょう。

グローバルに舵をきるならば、やっぱりグローバルを経験する場を積極的に仕掛けて行かなきゃいけない。

なおかつ、日本人ではどうしても手が届かない領域をカバーするためには、現地の人たちを会社に巻き込み、採用し、連携するといったことが求められてくるでしょう。

現地マーケティングのバーチャル体験とは?

安部
やっぱり体験するのが、一番近道ですか?

野元
リアルな体験が一番いいですが、バーチャルな体験であってもできることがいっぱいあると思います。

全員は海外出張に行けないけれど、市場のビデオを撮ってきて全員で視聴して考えるバーチャル体験でも意識を向上させることはできるでしょうし、知恵の使い方ですよね。

安部
それは、この大会の中でも仕掛けられるかもしれないです。

野元
期待しています。

安部
本日はありがとうございました。

〜7/7 page〜


野元伸一郎の現地マーケティングフォトブログはこちら

2015ものづくり総合大会で関連する講演は・・・

開発分野Bセッション :「強みを活かす」「社内連携と企業連携」

B-1 富士フイルム 「富士フィルムの新規事業創出」
B-2 島津製作所  「島津製作所の強みを活かした技術開発による商品展開」
B-3 経済産業省  「製造業の現状と課題」
B-4 日立製作所  「日立が進めるグループ一丸でのモノづくり改革の取組み」
B-5 マツダ    「マツダのクルマ創りと組織・ヒト」
B-6 本田技研工業 「ホンダにおける新機種生産準備プロセスのグローバル連携について」

特別講演では・・・
ダイキン工業「ダイキンのものづくりとグローバル展開」
トヨタ自動車「トヨタの目指すモノづくり・人づくり」
日産自動車 「日産のグローバルモノづくり戦略」


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP