生産セッションコーディネーターインタビューその7|製品と工程と工法を同時に変える、とは?

2014 ものづくり総合大会(2014年2月19日~21日)の開催後に行ったインタビューです。

IMG_3327

製品と工程と工法を同時に変える、とは?

石山
工法を変えるために製品を取り換えるか、製品を変えるために工法を変えるのか?

石田
同時ですね。インテグラルです。様々な部門が一緒に仕事を進めるので、海外では難しいかもしれません。ここに、組織的特性や文化的特性を活かしており、講演ではその具体的なヒントが見られました。

石山
研究と開発と製造が一体化して仕事を進められるというのは、大きなポイントだと思います。

石田
欧米の仕事の進め方のように、開発→設計→工程とシーケンシャルな形態だとこのやり方は難しいでしょうね。

最近はDFM(Design for Manufacturebirity)という考え方をされているようですが、実際には簡単にはいかないと思います。

石山
開発側も、ものづくり側もどちらも同時に変革するのは、日本のものづくり能力が発揮しやすいということですか?

IMG_3356

石田
そうですね。

欧米系の技術者はランクが明確で、リサーチャー、デベロッパー、プロダクションエンジニア等々と、実際には階層が存在しています。

日本はフラットだからやりやすいし、お互いの考えを譲歩したり、折り合ったりできます。主張しあって終わり、ということはないですから。

〜7/15 page〜


2015ものづくり総合大会で関連する講演は・・・

生産分野Eセッション:「 たゆまぬ生産技術力強化」「ものづくり力強化とひとづくり」

E-1 安川電機 「安川電機におけるロボットを活用した自動化の取り組みと今後の展開」
E-2 日産自動車 「開発から生産準備における一気通貫体制によるものづくりへの挑戦」
E-3 ワイ・ディ・シー 「製造業ならではのデータ活用の考え方と取組み」
E-4 東芝コンピュータテクノロジー「東芝情報機器フィリピン社におけるモノづくりと人財力強化」
E-5 オリンパス 「優秀な設備保全マンの育成と新規の設備開発に生かす取組み」
E-6 富士ゼロックス「富士ゼロックスシンセンにおける人材育成」

開発分野Bセッション :「強みを活かす」「社内連携と企業連携」

B-1 富士フイルム 「富士フィルムの新規事業創出」
B-2 島津製作所  「島津製作所の強みを活かした技術開発による商品展開」
B-3 経済産業省  「製造業の現状と課題」
B-4 日立製作所  「日立が進めるグループ一丸でのモノづくり改革の取組み」
B-5 マツダ    「マツダのクルマ創りと組織・ヒト」
B-6 本田技研工業 「ホンダにおける新機種生産準備プロセスのグローバル連携について」

特別講演では・・・
ダイキン工業「ダイキンのものづくりとグローバル展開」
トヨタ自動車「トヨタの目指すモノづくり・人づくり」
日産自動車 「日産のグローバルモノづくり戦略」


ものづくり総合大会テキスト合本のご案内
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2019ものづくり総合大会

TOP