【講演者インタビュー】2月23日 シーメンス 島田様~その2

2018ものづくり総合大会にてご講演いただく、シーメンス 専務執行役員 島田太郎さんに、日本能率協会の森宮と小高がお話をお伺いしました。
(以下敬称略)

シーメンスは、IoTのOSを作ります。

JMA
日本企業は、どのようにすべきと考えますか?


島田
グローバルを目指し、そもそもグローバルをどのように定義するかも不明確に感じますが、
その流れの中で、米国流のコーポレートガバナンスを取り入れる企業があります。
これを日本の企業が取り入れることに、どれくらいの意味があるのか、
個人的には分かりません

JMA
と申しますと

JMA
米国流のものは、端的に言うと「CEO」の暴走を止めるためにあります。
日本の企業経営は、合議制の上に成り立っているところが多く、
「暴走」ともいえる決断をする人が少ない傾向にあると思います。
目的が異なります。

JMA
となると、日本に必要なかたちとは何でしょう


島田
CEOに仕事をしてもらうように仕向けることです。

JMA
CEOの仕事とは?


島田
パフォーマンスを上げさせることです。
ある日本の企業では、EHSやCSRなど、非常に熱心に取り組み、表点も高い
外見だけでは、株式市場的には「買い」の会社です。
ですが、業績と連動していません。
これは、CEOとしての仕事としてはどうなのでしょうか?

JMA
なるほど


島田
そんな中で、CEOに「御社の今後の展望」などを伺うと、
必ず、縦軸に業績、横軸に時間で、右上方向に進める図を示します。

JMA
良く見ますね。


島田
それが、最初の「自分たちの側から見ている」ということです。
そうではなくて、全体的に俯瞰した中で、「どこを狙っていくか」を定める必要があります。

JMA
御社は、何を目指しますか?


島田
シーメンスは、IoTのOSを作ります。
これには、非常に大きな投資と時間が求められます。
ただ、有名なボーカロイドに見られる「ユーザージェネレイテッドコンテンツ」を
ものづくりで実現したいと思います。

JMA
OSですか。


島田
そうです。
IoTはマシンベンダーにとって「当たりまえ」になります。
IoTにおけるプラットフォームを目指します。

JMA
講演が楽しみです。
本日はありがとうございました。

セッションはこちら


参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP