【講演者インタビュー】2月23日 日産自動車 塩飽 様~その2

2018ものづくり総合大会にてご講演いただく、日産自動車 パワートレイン生産技術本部 エキスパートリーダー 塩飽 紀之さんに、日本能率協会の小高がお話をお伺いしました。
(以下敬称略)

「アーリーアダプター」になる必要性を感じています。


小高
そのほか、どのようなことをお話になるのでしょうか?

塩飽
ちょっと泥臭いお話になると思いますが、これまでの改善活動をご紹介できたらと思います。

小高
具体的には?

塩飽
従来の部品を見直しました。
たとえば、加工の度合いを「ここまでする必要は?」などです。
車載部品やその素材、制御方法が変わってきている中で、
以前と比較すると緩やかな加工でもよい場合もあります。

小高
逆にシビアになってくるものも?

塩飽
当然あります。
今までは、「この程度でよい」と言っていたものが、
「この範囲でないとだめだ」となる可能性もあります。

小高
それがサプライヤーさんと一緒にやってきた事例ですね。

塩飽
昔、上司から「お前では出来ないことをサプライヤーさんがやってくれている」
と諭されました。
確かにその通りで、Win-Winでないと関係が続きません。

小高
一緒に改善活動を行ってきたのですね。
それを基に、開発段階から一緒に作りこんでいく、という事でしょうか。

塩飽
そうです。
冒頭にも申しあげましたが、ルールが大きく変わります。
となると、従来の延長線では対処できない課題も出てくる、
または、勝ち抜けない可能性もあります。

小高
確かに。

塩飽
イノベーター理論では、イノベーターは全体の2.5%、アーリーアダプターは13.5%、
アーリーマジョリティは34.0%と言われています。
個人的な見解ですが、自動車業界は、
この「アーリーマジョリティ」にならざるを得ないように思います。

小高
「人間が乗る」ということで、安全性が担保される必要があるからでしょうか?

塩飽
だと思います。
いきなり、まったくの新しいものを適用できるとは思いません。
ただ、ルールが大きく変わるなかで、少しでも「アーリーアダプター」に近づく必要があると思いますし、
私自信も、アーリーアダプターでありたいと思います。
その為には、常に「目的は何か」を考え、新しいものの考え方を取り入れ、
外部の方と一緒に開発していくことが必要と考えます。

小高
ご講演を楽しみしています。
本日はありがとうございました。


セッションはこちら


参加申込はこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 JMI生産・開発マネジメントコース 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

企画、開発設計、生産、SCM、購買調達、品質、人材開発にわたる先進企業事例の講演会・2018ものづくり総合大会

TOP